tracsテスト(適性検査)の答えと対策:ss/sb/tt/nr

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト

『https://tracs.jp』のWebテストって何だろう…
不適正検査スカウターの例題と答えを知りたい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は『https://tracs.jp』のURLで判別できる、スカウター社のWebテスト対策(トラックス)をご紹介します。

スポンサーリンク

『https://tracs.jp』のWebテストとは?

Webテスト対策を効率的に進めるには、どんな種類のWebテストが出題されるかを事前に知るのが大切です。

判別方法としては、Webテスト受験画面のURLを参考にするのが有効です。

今回ご紹介する『https://tracs.jp』はスカウター社(株式会社トランジション)が作成する不適性検査のURLとなります。

『assessment.c-personal』『.e-gitest』WEBテスト解答集とは?
Webテスト種類って何があるのかな...ウェブテストの例題や対策方法を知りたい...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。誰でも簡単にできるWebテストの見分け方はURLを確認する方法です。ウェブテスト受験前にURLを

不適性スカウターの試験概要

不適性スカウター検査には以下の4種類があります。

  • 資質検査:SS
  • 精神分析:SB
  • 定着検査:TT
  • 能力検査:NR

企業毎にどの種類のテストを受験するかは異なり、1種類だけの場合もあれば、4種類すべてを受験する企業もあります。

ちなみに能力検査はNRだけで、それ以外は適性検査になります。

過去のWebテスト出題実績を調査することで、どのタイプが出題されるかを予測しておきましょう。

arorua適性検査:Webテスト65分の答えとSPIの違いは?
arorua.netってどんなテストなのかな...Webテスティングサービスの例題を知りたい...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。本記事では『arorua.net』で出題されるWebテスト情報をご紹介していきます

検査を受けるまでの流れ

不適性スカウター検査を受験する流れは、

  1.  『https://tracs.jp』よりログイン
  2.  受験予定のテストを選択
  3.  試験開始

となります。

4種類のテストの中から受験対象のテストが表示されるのは、ログイン後のタイミングです。

自宅型Webテストなので筆記用具に合わせて電卓の準備もしておきましょう。

Webテスト・玉手箱・SPI用の電卓のおすすめと使い方をご紹介!
Webテストではどんな電卓がおすすめかな...計算機の便利な機能を知りたい...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は就活Webテスト用の電卓に関して、おすすめの電卓、便利な機能をご紹介していきます。自宅受験型のWebテストで

不適性検査のWebテスト対策

各試験の詳細な概要と対策方法をご説明します。

資質検査:SS

適性検査として行われるSSの概要は以下のとおりです。

設問数150問
選択数5選択式
制限時間30分

仕事を行う上で活躍できる可能性を判断するための要素として、受験者の資質を9項目で評価します。

  • 性格の傾向
  • 意欲の傾向
  • 思考力の傾向
  • ストレス耐性
  • 価値観の傾向
  • ネガティブ傾向
  • 職務適性
  • 戦闘力
  • 虚偽回答の傾向

精神分析:SB

適性検査として行われるSBの概要は以下のとおりです。

設問数100問
選択数5選択式
制限時間20分

採用時のWEBテストとして、心の健康状態を評価するのが精神分析の役割です。

選択式問題の出題による採点は『許容』『注意』『要注意』『ハザード』の4段階で評価されます。

採用基準は企業によって異なりますが、『要注意』『ハザード』が出てしまうと、採用を見送られる可能性が高いです。

定着検査:TT

適性検査として行われるTTの概要は以下のとおりです。

設問数100問
選択数5選択式
制限時間15分

定着検査は採用した人材が長期間働くことができるかを評価する検査です。

主に以下の5つの視点から分析を行います。

  • 離職の傾向
  • 離職ストレス要因
  • ストレス感受性
  • ストレス対処スキル
  • 対話スキル

能力検査:NR

スカウター不適性検査の中で唯一の能力検査です。

主な概要は以下の表のとおりです。

設問数30問
選択数5選択式
制限時間30分

30分で30問なので1問1分以内に解くのが目安になります。

各設問では解答後に戻ることも可能なので、時間がかかりそうな問題は飛ばして、後で検討するのも選択肢のひとつです。

また、試験科目の出題分野は以下のとおりです。

〇言語分野:11問

  • 文法問題(同訓異字、類義語、対義語、敬語、慣用句)
  • 文章の並び替え
  • 単語の法則性

〇論理分野:4問

  • 「××が正しいとすれば必ず正しいと言えるのは次の内どれか」を選ぶ

〇非言語分野:15問

  • 連立方程式
  • 暗号
  • 方角
  • 数列
  • 場合の数
  • 確率
  • 集合
  • 図表の読み取り
  • 装置と回路
  • 図形(展開図、折り曲げなど)

基礎能力を判断するテストなので、問題の難易度は中学校卒業程度です。

また、試験を受けるときには

  • 計算用紙
  • 電卓
  • 辞書
  • 正方形の折り紙

を用意しておきましょう。

辞書は語句理解、正方形の折り紙は図形問題で使用します。

SPIや玉手箱といった最頻出のWebテスト対策を行えば、不適性スカウター検査のNRにも対応できるはずです。

SPI・テストセンター・Webテスト対策はいつから?勉強期間、必要時間は?
...

不適正検査スカウター(tracs.jp)の評判は悪いの?

SPIと比べると不適正スカウターの料金は安いこともあり、選考に取り入れている企業も増えています。

しかし、受験者からは悪い評判もあるみたいです。

というのも、不適正スカウターでは普通の性格検査では聞かれないような厳しい質問もあるからです。

  • 蕁麻疹は出ないか
  • 胃腸は悪くないか
  • 無性に何かを壊したくなることはないか

自社にマッチした人材を探すよりも、能力や性格が劣る人間をフィルターにかけるのを目的にしているみたいです。

採用試験とは関係なさそうな質問をされるので、悪い印象を受けるかもしれません。

まとめ

今回は『https://tracs.jp』で出題される不適性スカウター検査の対策方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2022卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード【2023卒】(2021年10月更新)|Webテストマスター|note
※当noteは10/15より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト対策集を使う方法...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

ベネッセの無料ツールで性格検査の練習

性格検査の練習がしたい...こんな就活生もいるのではないでしょうか。

ベネッセの就活サービス『dodaキャンパス』では、無料で性格検査GPSを受検できます。

23の設問に答えるだけで、

  • レジリエンス
  • リーダーシップ
  • コラボレーション

の3つの特徴が分かるので自己分析にも活かせるし、性格検査の練習としても使えます。

もちろん『dodaキャンパス』の登録は無料です。

対策方法が少ない性格検査だからこそ、事前の準備が大切になります。

スカウト制度による企業からのオファー

就活生の皆さん、「理系ナビ」を知っていますか?

普通の就活では自分で企業を選びますが、『理系ナビ』はスカウト型の就活サービスなので登録後は待っているだけでOKです!

自分のインターン経験や選考状況を登録すると、各企業の人事部が就活生の情報をシェアしてスカウトを送ってくれます。

おすすめポイントはこの3つです。

  • 自分では想像もしないホワイト企業から突然「最終面接」の案内が届く
  • 企業から選んでもらうので選考通過率が格段にアップする
  • 理系特化型の就活サービス

また、就活情報誌を無料で自宅まで届けてくれるサービスもあります。

『理系ナビ』の利用はもちろん無料なので是非使ってみてください。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト
理系days