東京ガス【1次面接】
スポンサーリンク

東京ガス【1次面接】

2017卒の東京ガスの就活情報です。今回は1次面接についての記事です。

東京ガスは夏・冬にインターンを実施しており、参加特典として「早期選考」を受けることができます。興味のある学生は是非参加してみてください。

東京ガスのインターン記事はこちら。
東京ガス 夏 インターン【ES・面接】
東京ガス 冬 インターン【ES・面接】

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

選考フロー

1次面接

6月1日に1次面接を受けました。場所は「浜松町本社」。

東京ガスは経団連の指針を順守しているため、6月以降に面接を始めます。

時間は標準的な30分で、面接官は学生1人に対して、社員2人でした。

1次面接時に手書きの履歴書を持参するようメールで指示がありました。既にWebESを提出しているのに、改めて手書き履歴書を作成しなければいけません。

本社に到着後は「待合室で待機」⇒「社員さんが来て面接室へ移動」という流れです。待合室では多くの学生がいたので、東京ガスの1次選考の倍率は非常に高いはずです。

質問事項

  • 入社後に取り組みたい仕事は何ですか?志望動機と絡めて教えてください。
  • 研究テーマを説明して下さい。
  • 研究の実用化に向けて、どのような課題がありますか。
  • 研究の中長期計画について教えてください。
  • 今までで一番の困難は何ですか。
  • これまでチームで取り組んだことはありますか。
  • 最後に聞きたいことはありますか。

対策

1次面接は非常に穏やかな雰囲気で行われました。奇抜な質問も一切なく、オーソドックスな1次面接です。

質問として「入社後に取り組みたいこと」だけでなく、「志望動機と絡めた取り組みたいこと」を聞くなど、「面接時の対応力」が求められます。

また、研究内容の説明だけでなく「研究の実用化」に対する理解を聞いてることから、将来性を意識した幅広い視野を持っていることがアピールポイントになります。

最後に逆質問もありましたので、事前に準備しておくことが必要です。

結果連絡

1次面接実施の夜に電話で通過連絡をもらいました。友人からの情報だと、東京ガスの連絡は即日or翌日がほとんどらしいです。

就活の裏ワザをご紹介!

東京ガスの面接で大切なことは、「面接情報を収集すること」です。最後に他の就活生と差をつけるためにおすすめの就活サービスを紹介します。

超人気企業 約1,000社のES・選考体験談をタダでみるには?

学生が優良企業から内定をもらうには事前準備が大切です。

とくに、「志望企業の選考情報」は知っているかどうかで差がつくポイント。

  • インターン枠の有無
  • Webテストの種類
  • 面接の回数
  • 内定者の回答例

企業別の選考情報をラクに入手する方法があるって知っていますか。

「Unistyle」に登録すると、超人気企業 約1,000社のES・選考体験談をタダで閲覧できます!

登録はもちろん無料。月間60万人が利用する就活サービスなので、使わない学生は情報量で負けてしまいますよ!

まとめ

  • 1次面接は穏やかで基本的な面接
  • 時間は30分

・2次面接記事はこちら。
東京ガス【2次面接】

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る