就活のTOEICスコアで嘘/盛ることは可能?証明書の提出はあるのか?
スポンサーリンク

就活のTOEICスコアで嘘/盛ることは可能?証明書の提出はあるのか?

就活 toeic 嘘 盛る 証明書

就活経験者がTOEIC点数の嘘/点数を盛ることについて、ばれるかどうか、メリット・デメリットを紹介します。

実際の就活を通して企業から、証明書提出を求められるかどうかも解説します。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

就活のTOEIC事情

最近の就活ではES作成時、履歴書提出時には必ずTOEICスコアを記入する欄が設けられています。既に高得点(730点以上)を取っている学生は正直に書けますが、あまり高くない点数の場合どうすればよいのでしょうか?選択肢は3つです。

1.正直に書く

1つ目は、自分のスコアを正直に書くこと。就活の面接では何事も正直に話した方が、変な焦りや緊張することもなくなるので、おすすめです。

点数があまりにも低いときは、「英語は苦手だけど、〇〇は得意」とか「本気で勉強すれば高得点とれる」など、自分の話しやすい話題にすり替えることが大切。

ちなみに、面接ではできるだけ学生の良いところを評価するはずなので、TOEIC点数が低いことを追求される可能性は低いです。

むしろ、点数が低い理由を聞いて何になるのかっていう話。

2.記入しない(空欄)

2つ目は、ESや履歴書の記入欄を空欄にして提出する方法。アピールできない点数では空欄にしたい気持ちもわかりますが、この方法は絶対におすすめしません。

なぜなら、就活の面接では必ず空欄の理由を問われるからです。

その時に明確な答えがあればいいですが、たいていは「TOEICを受けたことがない」と答えるます。

しかし、面接官でも学部の英語授業の単位認定や、院試でTOEICを受験する必要があることは当然知っています。

この流れから、就活生が嘘をついていることがばれてしまします。面接で嘘がばれることはもっとも評価が下がることなので、絶対に避けなければいけません。

3.嘘の点数を記入する

3つめは、自分のスコアよりも高い点数や、嘘のスコアを記入すること。TOEICスコアの嘘/点数を盛ることについては、以下の3点を理解しておくことが重要なので、1つずつ紹介します。

  • 嘘/点数を盛ることはばれるのか
  • 成績証明書は提出するのか
  • 嘘/点数を盛ることのメリットは

TOEICスコアの嘘/点数を盛ることはばれるか

就活のES・履歴書・面接でTOEICスコアの嘘や点数を盛ったとしても、ばれる可能性はほとんど無いというのが結論。

正確に言えば、嘘かどうかを調べる手段がない、または手間がかかるので実際には行っていないというのが、就活経験者の感想です。

点数証明書の提出の有無について

TOEIC点数の嘘が唯一ばれるのは、「点数証明書を事前に郵送」または「面接後に郵送」するように企業から指示があったときだけ。

ESと同時に点数証明書も提出するときは、嘘をつくことはできないので、ばれる心配はありません。

しかし、面接後に郵送の場合は確実にばれます。ただ、非常に手間がかかるので実際にTOEIC点数を確認している企業はほとんどないみたいです。

TOEIC高得点のメリット

可能性は低いとはいえ、リスクを冒してまでTOEIC点数の嘘/盛ることでTOEIC高得点をアピールするメリットはなんでしょうか。

英語力のアピールが高評価になる業界や企業(外資、商社、海運など)、TOEIC高得点獲得までに工夫したプロセスのアピール、長期間粘り強く取り組む力のアピールなどでしょうか。

内定後のTOEIC

就活の採用面接でTOEICスコアの嘘をついて乗り切ったとしても、内定後にばれてしまっては全く意味がありません、TOEIC点数に関して、内定後にどんなプロセスがあるのか紹介します。

入社前にTOEICを受験

まず、内定者時代にTOEIC受験をするように会社から指示がある場合です。

受験時期は内定式後なので、10月以降に受けさせられます。この時に獲得したスコアを会社に提出しなければいけません。

入社後にTOEICを受験

入社後にTOEIC受験をしなければいけない会社もあります。

入社数年目の社員が受ける昇進目的のTOEICとは違い、明らかに新入社員の英語力を判断する目的のTOEICです。

提出したスコアと差があったら

採用面接時のTOEICスコアと、これら内定後に受験したTOEICスコアにあまりにも大きな差があった時は、どうなるのでしょうか。

「就活生の時は十分対策してからTOEICを受けたので高得点を取れた」など、逃げ道はいくらでもあるはずなので、全く問題はないはずです。

まとめ

今回は就活でのTOEICスコアについて、記入するかどうかの目安の点数、嘘/点数を盛ることのメリットを紹介しました。

実際に企業にばれる可能性は低いと思いますが、証明書の提出を指示されることもあるので、リスクを理解した上で自己責任で行ってください。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る