TOEIC

就活|TOEIC証明書提出が求められる企業:嘘・水増しはバレる?

就活 toeic 嘘 盛る 証明書

TOEIC提出を求められる企業を知りたい…
TOEIC点数の嘘がバレると内定取消なのかな…
内定後にTOEIC提出はあるのかな…

就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

とはいえ、就活ではTOEICを嘘のスコアで報告したり、点数を盛っている学生がいるのも事実です。

今回は就活のTOEICに関して嘘がバレるかをご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

TOEICスコアで嘘をつく学生は多いのか?

TOEICテストは試験会場で行われずに、点数を自己申告するため嘘をつくことも可能です。

実際にESや履歴書でTOEIC点数を盛っている人もたくさんいます。

まずは、就活選考においてどんな形式でTOEICスコアを記入するのかをご説明します。

就活でのTOEIC点数の記入方法3パターン

就活のESや履歴書には必ずTOEICスコアを記入する欄が設けられています。

既に高得点(730点以上)を取っている学生は正直に書いてください。

一方、高得点ではない就活生の選択肢は3つあります。

  • 点数を正直に書く
  • 空欄で提出する
  • 嘘の点数を記入する

点数を正直に書く

点数を正直に書くことで無駄な緊張が無くなり、面接でも自然体で臨むことができます。

ですが、TOEIC点数が低いと面接で理由を問われる可能性が高いです。

こんな言い回しでごまかす方法を検討しておきましょう。

  • リスニングは苦手だけど、スピーキングは得意
  • 学生時代はTOEICではなく、研究や部活に時間を費やした

面接では点数の低さを直接伝えるのではなく、自己PRの内容に移行することで話題を進めるようにしてください。

点数を空欄で提出する

高得点を取っていない場合、ESや履歴書のTOEIC記入欄を空白で提出することも選択肢のひとつです。

ですが、正直なところ、このやり方はあまりおすすめできません。

というのも、就活の面接では必ず空欄の理由を問われるからです。

明確な答えがあればいいですが、『TOEICを受けたことがない…』等の理由はおすすめできません。

面接官は学部の英語授業の単位認定や、院試でTOEICが必要なことを知っています。

このような流れになってしまうと、就活生の嘘がばれてしまします。

面接で嘘がばれることは最も評価が下がることなので、絶対に避けるようにしましょう。

嘘の点数を記入する

3つ目は、自分のスコアよりも高い点数や、嘘のスコアを記入することです。

TOEICスコアの点数をごまかしたり、点数を盛る際には以下の2点を理解しておくことが重要です。

  • 嘘・点数を盛ることはバレるのか
  • 成績証明書の提出は必要か

1つずつご説明していきます。

TOEICスコアの嘘/点数を盛るとバレるのか

ES・履歴書での嘘はバレないことが多い

結論から申し上げますと、ESや履歴書のTOEIC点数欄で嘘をついてもバレないことが多いです。

その理由としては企業の採用担当者が確認する方法が無いからです。

公式証明書の提出が求められない限り、書面だけの情報が正しいかを判断することは難しいです。

正確に言えば、嘘かどうかを調べる手段がない、または手間がかかるので検証していないというのが、実情です。

嘘がバレるのはどんなとき?

TOEIC点数の水増しがバレるときの状況をご紹介します。

TOEIC点数証明書の提出を求められたとき

TOEIC点数の嘘がバレるのは『ES提出後に点数証明書を郵送』するように求められたときです。

ES提出と同じタイミングで指示があれば事前に把握できますが、後出しで証明書提出を求められるとかなり厳しいです。

『書類ではTOEIC高得点所持と記載したのに点数証明書は提出できない…』こんな状態になったら選考は不合格になるので注意してください。

ですが、実際にはTOEIC公式証明書の再発行は2年間が有効期限です。

TOEICは2年以上前に受験して再発行期限を過ぎたことを伝えれば、やり過ごすこともできます。

面接で英語力が試されるとき

面接で英語力が試された場合、実力とTOEICスコアとの乖離が大きいと嘘がバレる可能性があります。

TOEIC900点保有なのに英語で自己紹介もできなければ、さすがに厳しいです。

そんな時は『ライティング・リスニングは得意ですが、スピーキングは苦手です…』などの言い訳を考えておきましょう。

外資系企業では英語面接が行われる場合もあります。過去の選考情報を把握することが大切です。

嘘がバレると内定取消になるの?

TOEIC点数の嘘がバレると内定取消になる可能性が高いです。

企業としても信用できない人材を採用試験で合格するのはリスクが大きいです。

ですが、既にご紹介したように実際には水増しや嘘はバレないことが多いです。

バレたときのリスクを知った上で、TOEICの点数を記入するようにして下さい。

TOEIC提出が求められる企業

点数証明書の提出が求められると、嘘がバレるリスクが高いとご紹介しました。

では、どんな企業で点数証明書の提出が求められるのでしょうか。

可能性が高いのは以下の企業です。

  • 採用方針にTOEICスコアが明示されている企業
  • グローバル企業

TOEICスコアが明示されている企業

企業の採用方針としてTOEIC点数が具体的に明示されている場合、証拠確認のために提出が求められる可能性が高いです。

点数毎に企業一覧をまとめましたので、参考にしてみてください。

〇 800以上

  • 楽天
  • 日本IBM
  • 野村証券
  • 三菱UFJ銀行
  • 三菱商事
  • 日立製作所
  • KDDI

〇 700以上

  • 武田薬品工業
  • アビームコンサルティング
  • ユニリーバ
  • 日産
  • 旭化成
  • 伊藤忠商事
  • ファーストリテイリング
  • キリンビール
  • ANA
  • ソフトバンク

グローバル企業

グローバル企業の選考でもTOEIC証明書の提出が求められる可能性が高いです。

以下の企業では、英語力が仕事に直結するために、TOEIC点数もしっかりと評価項目に入ります。

  • 外資企業
  • 総合商社
  • 海運
  • 大手メーカー

グローバル企業を受けるときには、嘘はできるだけつかないようにしましょう。

SPI専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は就活のTOEICについて嘘をついたときに、バレるかをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days