適性検査・性格判断の無料対策方法とは?SPI・テストセンターのコツをご紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト

就活の適性検査ってどうやればいいのかな…
性格判断の評価ポイントはどこにあるのかな…

就活生の中にはこんな不安を持つ方もいるのではないでしょうか。

Webテスト対策といえば、言語や非言語といった能力検査をイメージするかもしれませんが、適正検査で不合格になる可能性もあります。

適性検査の準備をしていなかったから就活で失敗してしまった…と後悔するのはもったいないです。

今回は意外と見落としがちな適性検査について、おすすめの対策方法をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

就活の適性検査(性格検査)とは?

SPI・Webテストでは能力検査と適性検査がセットで行われます。

能力検査が国語、数学、英語などの学力を診断するのに対して、適性検査では個人の性格や行動特性を診断します。

就活本を利用して能力検査の対策はバッチリだけれど、適性検査はぶっつけ本番という方も多いのではないでしょうか。

決まりきった対策方法がないと思われている性格検査は対策が不十分になりがちです。

とはいっても、企業の求める人物のイメージ像と大きく違ってしまうと、適性検査が原因で不合格になる可能性もあります。

適性検査ではどんな診断項目があるの?

適性検査の項目はこちらです。

  • 意欲
  • 性格
  • 思考力
  • 価値観
  • メンタルの強さ
  • 向上心
  • リーダーシップ力

これらの項目を数字化するために色々な設問に回答します。

適性検査の制限時間は30分程度ありますが、時間に追われることはあまり無いのでゆっくり回答できます。

就活の適性検査対策には『キミスカ』がおすすめ!

就活生の皆さんは『キミスカ 』を知っていますか。

ご自身のプロフィールを登録しておけば、企業の人事からスカウトしてもらえる便利な就活サービスです。

この『キミスカ』の凄いところは、無料会員になれば適性検査をタダで受けられること。

就活本番・インターンの適性検査と類似した質問が出題されるため、適性検査対策にはピッタリなツールです。

『キミスカ』の無料対策では詳細な分析結果も見られます

実際に就活で適性検査を受けてしまうと、合否だけの結果はわかるけれど、詳細な診断結果までは表示されませんよね。

自分自身の性格判断の結果を知ることで、職種選び、業界選びを行うときに役立つのではないでしょうか。

もちろん適性検査対策にも利用価値はあります。

就活ツール『キミスカ 』では無料登録するだけで、本格的な適性試験を受験し詳細な分析結果を閲覧できるのがおすすめです。

というわけで、ここからは実際に適性検査を受験する方法、回答の分析結果をご紹介していきます。

適性検査の受験方法をご紹介!

『キミスカ』に登録後、マイページから『適性検査』のボタンをクリックします。

適性検査の受験画面に移動します。

『キミスカ』で受けられる適性検査の概要とは?

『キミスカ』の適性検査対策では、性格や行動特性に関する150問が出題されます。

回答時間の目安は15分程度であり、玉手箱・SPIで出題される適性検査対策にぴったりですね。

それでは実際に適性検査を受験した結果をご紹介していきます!

『キミスカ』版の適性検査の設問・解答方法とは?

『キミスカ』の適性検査では各設問に関して当てはまる or 当てはまらないを5段階評価で判断します。

参考例として第1問をご紹介します。

このような設問が全部で150問出題されます。

また、適性検査を受けているときにこんな疑問を持ったことはありませんか。

  • 同じ設問を見たことある気がする…
  • 回答が逆になるような設問が出題されたかもしれない…

このような設問が出題されるのは、ウソの回答をしていないかを確認するためです。

例えば、同じ設問に対する回答が違っていたらどちらかが嘘の答えということになってしまいます。

なので適性検査を受験するときには自分の回答を覚えておくことも大切です。

ついつい流れ作業になりがちな適性検査ですが、企業側は回答に矛盾が無いかをチェックしているので、高い集中力を持って受験しましょう。

ここからは私が受験した『キミスカ』適性検査の分析結果をご紹介していきます。

1.性格の傾向

平均値を50とした時に自分自身の点数がグラフで表示されます。

今回の適性検査の結果では、落ち着きはあるけれども、自信過剰で合理的という結果がでていますね。

2.意欲の傾向

仕事に対する意欲の傾向です。全体的に低い結果が出ています。

特に、他者貢献欲が著しく低いですね。

3.思考力の傾向

論理的な思考力に関する結果はそれなりに高いですが、他者の心情理解に対する思考力は低いですね。

4.ストレス耐性

今回の適性検査ではストレス耐性のチェックも行えます。

精神・肉体共にストレス耐性はバッチリでした。

5.価値観の傾向

働くことに対する価値観の傾向です。勤労意欲はあまり高くありません。

適正検査ではこのように働く意欲に関しても数字化されてしまいます。

今回は正直ベースで回答しましたが、就活本番で受けるときにはどんな結果が出てしまうかをイメージしながら回答した方がよさそうです。

6.職務適性

職務適性に関する結果です。全体的に良好といえます。

ただし、反復・継続的な職務の適性はとても低くなっているので不向きと言えそうです。

7.戦闘力

適性検査では戦闘力も数字化してくれます。

算出方法が不明なので参考程度に考えておきましょう。

8.虚偽回答の傾向

既にご紹介しましたが、適性検査では同じ設問、正反対の設問が出題されることがあります。

就活生が矛盾した回答をしていなかをチェックすることが出題の意図です。

今回は虚偽回答傾向が1となっていますが、コメントに記載の通りで問題なさそうです。

数字の大小に関する詳細の判断方法はわかりませんが、虚偽回答はしないように一貫した回答を心がけることが大切です。

適性検査も事前の対策がおすすめ

今回は本音ベースで『キミスカ』の適性検査を受けてみました。

目立った性格判断はこんな感じでしょうか。

  • 自信過剰で合理的な性格
  • 他者貢献意欲が低い
  • ストレス耐性は高い
  • 仕事に対する勤労意欲が低い
  • 反復・継続的な仕事は不適合

決して良い評価とは言えない結果です。企業によっては就活本番でこの内容の適性検査結果が出てきたら不合格にする可能性もあります。

就活生の皆さんはWebテストの適性検査の結果が悪くて不合格になってしまった…と後悔したくありませんよね。

そんな時は正直ベースで回答するのではなく、どのような人物像であれば合格できるかを検討してから回答してみてはどうでしょうか。

『キミスカ』の適性検査で何度も練習を行い、企業の求める人物像に沿った回答ができるようになるのがベストです。

たかが適性検査と侮らずにしっかり事前対策してみてください。

まとめ

今回は就活の適性検査について対策方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。多くの就活生が対策せずに適性検査を受けていると思います。

だからこそ、『キミスカ』の適性検査で少しでも対策すれば、他の就活生と差をつけられるのではないでしょうか。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2019卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

2020卒!就活用Webテスト解答集のダウンロード(2019年4月更新)|就活研究所|note
※当noteは5月1日より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎください。 就活では誰もが受験するWebテスト 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト解答集を使う方法...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

就活ノートでリアルな選考情報をみる

ほかの就活生が知らない選考情報・クチコミを利用すれば、短時間で対策できます!

  • 内定までの面接回数
  • 過去3年分のES設問
  • 内々定後の後付け推薦の有無

こんな情報を知っているだけで無駄な準備をせずに就活できるのではないでしょうか。

『就活ノート』では無料登録するだけで1000社以上のESや選考情報が見放題です。

他の学生と差をつけるにはおすすめの無料就活サービスです!是非利用してみてください。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト
理系days