Webテスト

TAPOCの例題と過去問対策:事務適性検査は難易度で落ちる?

TAPOCのサンプル結果はどれくらいかかる…
タポックのアプリ内容を知りたい…
TAPOCの合格ラインや平均点は高いのかな…

こんな不安を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は就活WebテストTAPOCの概要と対策方法をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

事務職適性検査 TAPOCとは?

NOMA総研が制作する事務職向けの採用テストがTAPOCです。

事務職として必要な以下の能力を測定します。

  • 学習適性:仕事のスピード感・正確性
  • 就業適性:仕事の継続性

実施方法には『ペーパータイプ』『Webテストタイプ』の2種類があります。

SCOAもTAPOC同様にNOMA総研が作成するWebテストになります。

SCOA例題と答え:誤謬率や足切り,企業一覧の解答集は?
テストセンターでSPIとは違うのが出たんだけど...SCOAってどんな試験なのかな...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。SCOAはテストセンターの一種ですが、SPIとは制限時間・出題範囲も異なります。過去には三菱電機でも出題実績があります。SPIとの大きな違いとしてはSCOAでは『理科』『社...

TAPOC(ペーパー)の試験時間と科目

TAPOC(ペーパータイプ)の試験時間は40分です。

試験では以下の6科目が出題されます。

科目 内容
言語 言語知識、文章解釈力
分類 事務処理能力の速度、一定法則への適応力
照合 細部にわたる照合事務処理能力
計算 計算能力
読図 資料・図表・グラフの読解力
記憶 短期記憶、要点をまとめて把握する力

TAPOC(WEB)の試験時間と科目

TAPOC(WEBタイプ)の試験時間は30分です。

試験では以下の5科目が出題されます。

科目 内容
言語 言語知識、文章解釈力
分類 事務処理能力の速度、一定法則への適応力
照合 細部にわたる照合事務処理能力
計算 計算能力
読図 資料・図表・グラフの読解力

ペーパー方式のTAPOCと比較して、より素早くより正確に対処できる能力が求められます。

各科目では『例題説明』⇒『練習問題』⇒『本検査(約3分)』を繰り返して、合計30分のテストとなります。

TAPOCの評価ポイント

事務職に向いているかどうか

TAPOCは事務職適性検査なので事務として採用できるかが評価基準になります。

必要な能力は『仕事の正確性』と『仕事の速度』といえます。

ミスをできるだけ少なくしつつも回答数を多くするのがベストです。

逆に、たくさん回答しても誤答が多い…という適性検査結果が出てしまうと、不合格の可能性が高くなります。

TAPOCの対策

TAPOCの対策方法を3つご紹介します。

問題集や書籍で対策

TAPOCの出題傾向は基本的な内容の問題が出るため、事前の対策はしやすいと思います。

SPIや玉手箱などの頻出Webテストの問題集に取り組めば、自然にTAPOCに必要な能力も身に付きます。

『記憶』については特殊な出題傾向を把握するのが大切です。詳細は事項でご紹介します。

テストに関する情報を事前にリサーチ

TAPOCは事務職向けテストということもあり、実施数がそれほど多くはありません。

1回目の受験で高得点を取るためには、受験前の情報収集が大切です。

特に知っておくべき情報は以下の2つです。

  • 各科目5分程度で試験官から強制終了
  • 『記憶』⇒『読図』⇒『記憶』

試験問題を解いていると、各科目5分程度で『そこで止めて下さい。次の科目に移ります。』という指示があります。

想像以上に進みが悪いと焦ってしまうこともあるので注意してください。

また、『記憶』の問題では時間や数字が乱立する文章を読んだ後に、『読図』を回答して、再度『記憶』の問題に戻るという出題パターンです。

事前に情報収集をしていないと、せっかく『記憶』で暗記した内容の直後に、『読図』が急に出題されてパニックになってしまいます。

他の事務職向け採用テストで対策

TAPOC以外にも事務職向け採用テストは実施されています。

基本的には、事務職として必要な実務を正確に素早く遂行できる能力を分析するテストなので、類似の出題傾向になります。

  • SPI-R
  • SPI-N
  • SCOA-C

TAPOCに追加して上記テストの対策も行えば、事務職向けテストでは高得点を取れるはずです。

SCOA-A/F/B/Cの種類:見分け方、20分の事務能力例題は?
SCOAってどんな科目があるのかな...SCOAの事務能力検査について例題を知りたい...就活生の中にはこんな不安を持つ方もいるのではないでしょうか。新卒就活では実施企業が増えつつあるSCOAですが、実は対象・出題範囲の違いで4種類あります

TAPOC専用の適性検査ツール

キャリチケット

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『キャリアチケット』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしでTAPOCに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は、事務職適性検査TAPOCの試験概要と対策をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ES提出とAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

理系days