面接でしゃべりすぎ・話しすぎは落ちる?失敗しないための対策とは

スポンサーリンク
就活情報

面接でしゃべりすぎてしまう…
話しすぎはマイナス評価なのかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は面接でのしゃべりすぎに対する評価と解決方法をご紹介します。

スポンサーリンク

面接でのしゃべりすぎはNG

コミュニケーション能力が低いと思われる

結論から申し上げますと、面接でのしゃべりすぎはマイナス評価になります。

面接とはいっても会話形式で進むため、一方的に話しすぎるのはコミュニケショーン能力不足と判断されるからです。

  • 自分のことしか興味がない
  • 周りの意見を聞かなそう

このような評価をされる可能性が高いので、面接でのしゃべりすぎは止めた方が良いです。

話しすぎを抑えるための解決策

面接中に話しすぎて悩んでいる…こんな人もいるのではないでしょうか。

しゃべり過ぎを抑えるための対策方法をご紹介します。

結論ファーストで答える

しゃべり過ぎてしまう人は、結局何を言いたいのかが分からないことがあります。

そうならないための方法は、結論ファーストで回答することです。

面接官からの質問に対しては、まずは冒頭で回答を一言で述べるようにします。

その後に、理由や補足説明を続ける話し方を意識すれば、しゃべりすぎも防げるはずです。

構造を組み立てて話す

結論ファーストの答え方に加えて、構造を組み立てて話す方法もおすすめです。

具体的には、こんな感じです。

  • 入社後に取り組みたい仕事は3つあります。
  • 1つ目は、~~~
  • 2つ目は、~~~
  • 3つ目は、~~~

冒頭で全体の答えを一言でまとめて詳細を後で述べる話し方です。

話を聞いている立場からしても全体像を把握しやすく、論理的な話し方ができると高評価にもつながるはずです。

1問1答を心がける

面接官からの質問に対しては1問1答で回答するようにしてください。

また、聞かれた質問への回答だけを話すように心掛けるのが大切です。

自分をアピールしようという意識が強くなると、聞かれてもいないことを話してしまうかもしれません。

その場合、質問をした面接官から見ると、聞いたことに対して適切に回答できないというマイナス評価になるので注意してください。

面接官の質問を誘導する

面接で回答するときには、面接官が知りたい情報を残しつつ簡潔に話すようにしましょう。

気になるポイントを残しておくことで、面接官の次の質問を誘導することができます。

もちろん誘導した後の質問に対する回答は事前に準備しているので、万全の体制で答えられるはずです。

面接中の会話から生じた質問にも適切に回答することで、頭の回転が速いこともアピールできます。

1分の体感時間を身に付ける

既にご紹介したように、面接では簡潔に結論ファーストで構造を組み立てて回答するのが大切です。

持ち時間は1分以内で話をまとめるようにして下さい。

おすすめの方法としては、事前準備の段階で1分の体感時間を身に付けることです。

回答時間1分は文字数にすると約300文字に相当します。

やりたい仕事や志望動機などの頻出質問に対しては、1分で話をまとめるように練習してみて下さい。

まとめ

今回は面接でのしゃべりすぎの対策方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうかぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2021卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード【2022卒】(2020年11月更新)|就活研究所|note
【現在取扱停止中】 改訂版作成のため、現在取扱を中止しております。 お支払い頂いても商品の閲覧はできませんのでご注意ください。 ※当noteは12/1より再度お取扱予定です。 =============================== 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策して...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
就活情報
理系days