SPI(テストセンター・ペーパーテスト・WEBテスティング)の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト

SPIではペーパーテストがあるのかな…
テストセンターとペーパーテストの違いを知りたい…

就活生の中にはこんな疑問もあるのではないでしょうか。

就活WebテストといえばSPI。そのくらい実施企業が多いテストですが、SPIには実施方式が複数あります。

今回はSPIの各種試験の違いと対策方法をご紹介します。事前情報としてSPIの違いを知っているだけでも、Webテスト対策の時間を減らせると思います。

スポンサーリンク

SPIとは?

就活で何かと聞くことが多いSPI(エスピーアイ)ですが、リクルート社が作成・販売を行うWebテストです。

昔から就職活動で使われ続けているため、実施企業数が多いのが特徴です。

テストは基礎能力検査と性格検査で構成されています。基礎能力検査では言語(国語)・非言語(数学)が出題されます。

SPIには基本的な構成は同じだけれども、受験方法や実施時間が異なる3種類のテストがあります。以下で一つずつご紹介します。

SPIの受験方式3種類の違い

受験方式の違いはこちらです。

  • テストセンター
  • WEBテスティング
  • ペーパーテスト

テストセンターは専用会場に移動して指定されたパソコンで受験します。会場と日時は予約の空き状況次第ですが、選択可能になります。

会場内への電卓の持ち込みは不可となるため、正確な計算能力が求められます。

WEBテスティングは自宅のパソコンで受験します。自分の好きな時間、場所で受けることができます。

ペーパーテストは企業や貸会議室などで受験します。場所と時間は指定され電卓の使用は不可です。

SPIの実施方式の違い・割合

先程ご説明した実施方式の割合はこんな感じです。

  • テストセンター:65%
  • WEBテスティング:20%
  • ペーパーテスト:15%

現時点ではSPIといえば、ほとんどの企業がテストセンター型を採用しています。

専用会場の予約、受験、採点までの流れが定形化しているため、企業にとっては自社でWebテストの準備をする必要が無く、手軽に管理できるため実施数が増加していると考えられます。

SPIの実施時間と出題数の違い

ここからはテストセンター、WEBテスティング、ペーパーテストに関して、科目ごとの違いをご説明します。

非言語の実施時間と出題数

SPIの非言語は幅広い分野か出題されます。実施方式ごとの違いはこちらです。

 時間出題数
テストセンター

35分

言語と非言語は同じ時間に実施

回答状況に応じて
WEBテスティング

35分

言語と非言語は同じ時間に実施

回答状況に応じて
ペーパーテスト

40分

言語と非言語は別の時間に実施

30問

言語の実施時間と出題数

SPIの言語に関して制限時間と出題数はこちらのとおりです。

 時間出題数
テストセンター

35分

言語と非言語は同じ時間に実施

回答状況に応じて
WEBテスティング

35分

言語と非言語は同じ時間に実施

回答状況に応じて
ペーパーテスト

30分

言語と非言語は別の時間に実施

40問

性格検査の実施時間と出題数

SPIの性格検査はテストの種類に関係なく共通のものが実施されます。

ただし、制限時間や出題数はパソコン受験方式(テストセンター・WEBテスティング・インハウスCBT)とペーパーテストで異なります。

 パソコン方式ペーパーテスト方式
質問数制限時間質問数制限時間
第1部

90問

12分

93問

3部合計40分
第2部

130問

13分

133問

第3部

70問

11分

74問

SPIの対策

ここからは具体的な対策方法をご紹介していきます。

パソコン受験時の注意点

テストセンターとWEBテスティングはパソコンで受験します。ペーパーテストとは異なる注意ポイントがありますので、ご説明します。

まずは、受験者ごとに出題内容・出題数がちがうことです。パソコンで受験していると、回答状況に応じて難易度が上下します。

他にも、言語・非言語・性格で決められた全体の制限時間に加えて1問ずつの解答時間が設定されています。

受験時には全体だけでなくも問題ごとの制限時間も気にしなければいけません。

パソコンで受験していると回答後に前の問題に戻ることはできません。限られた時間内に見直しも含めて適切に処理することが求められます。

SPI(非言語)の対策

テストセンターとペーパーテストでは組問題が出題されます。

組問題とは、同じ設定・質問に関してに2~4問が出題されるタイプです。組問題を受験した時の手応えはこんな感じです。

  • 設定を理解するのに時間がかかる…
  • 1問あたりにかけられる時間が短い…

このような特徴があるため、テストセンターの非言語は難しいと言えます。

解答するときのコツとしては、同じ組の中の設定・計算の過程を上手に使い回すことです。メモ用紙を活用することで、後戻りしないように計算しましょう。

また、組問題では1問目の難易度が低くなっているため、最初から取り掛かるようにしてください。

一方、WEBテスティングの非言語では、答えの数値を入力する形式がほとんどです。

選択肢が与えられないため計算ミスをしないように注意しましょう。とくに、四捨五入の桁数については問題文の指示に従ってください。

また、答えが分数になるときには必ず約分を行い入力してください。

WEBテスティングでは電卓の使用が認められているため上手に使えるように準備しておくことが大切です。

SPI(言語)の対策

言語では非言語同様に『組問題』の形式で出題されることがあります。

「長文読解」「文の並べ換え」の組問題は第1問で検討した内容・答えが第2問以降にの解答時に役に立つことがあります。

テストセンター・WEBテスティングの「長文読解」では、回答を記入する形式の問題も出題されます。文字数については10文字以内であり、それほど難解ではありません。

また、SPI言語は出題範囲が広いため効率よく対策することが求められます。

短時間の学習で効果が出やすいのは「二語関係」「熟語の成り立ち」などの語彙問題です。これらは過去の出題形式に慣れておけば得点アップが期待できます。

SPI(性格検査)の対策

性格検査は制限時間に対して出題数が多いため時間切れにならないように注意してください。

全問回答を基に性格診断が行われるため、未回答があると正しい結果がでません。

また、パソコン受験方式(テストセンター・WEBテスティング・インハウスCBT)は全体の制限時間に加えて、画面ごとの制限時間もあります。

性格テストでは深く考え込まずに直感で回答するように心がけましょう。

まとめ

今回はSPI(テストセンター・ペーパーテスト・WEBテスティング)の違い、対策方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。Webテストでは最頻出の形式ですので、事前に情報収集をおこない入念に対策するのがおすすめです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2019卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

2020卒!玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード(2019年6月更新)|就活研究所|note
※当noteは7/1より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト解答集を使う方法です...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

就活ノートでリアルな選考情報をみる

ほかの就活生が知らない選考情報・クチコミを利用すれば、短時間で対策できます!

  • 内定までの面接回数
  • 過去3年分のES設問
  • 内々定後の後付け推薦の有無

こんな情報を知っているだけで無駄な準備をせずに就活できるのではないでしょうか。

『就活ノート』では無料登録するだけで1000社以上のESや選考情報が見放題です。

他の学生と差をつけるにはおすすめの無料就活サービスです!是非利用してみてください。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト
理系days