就活手帳の書き方とは?スケジュール表の使用法をご紹介!

スポンサーリンク
就活情報

就活手帳ってどう書いたらいいのかな…
おすすめの使い方を知りたい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は就活手帳を使ったおすすめのスケジュール管理方法をご説明します。

スポンサーリンク

スケジュール手帳の選び方

見開き1ヶ月ブロックタイプがおすすめ

業界セミナー、説明会、OBOG訪問、エントリーシートの締切など、就活中は様々な予定を管理する必要があります。

特に採用解禁直後は忙しく、50社以上のスケジュールを同時に見なければいけません。

そのため、スケジュール手帳は一目で1ヶ月全体の予定が把握できる『見開き1ヶ月ブロックタイプ』がおすすめです。

スケジュール手帳の書き方

就活手帳の使い方がわからない…という方向けにおすすめの使用方法をご紹介します。

見開き1ヶ月ブロックタイプを使用するときは『日付欄』の書き方を工夫するのが大切です。

上段と下段に線を引いて2分割にし、それぞれに書く内容を決めると使いやすくなります。

●日付欄の上段

企業が決めたスケジュール(セミナー、説明会、試験日、エントリーシートの締め切り日、面接日)

●日付欄の下段

自分が決めたスケジュール(筆記試験の勉強、自己分析、企業研究、OBOG訪問、ES作成)

就活手帳の書き方は工夫次第

就活手帳の基本的な使い方はご紹介した通りですが、工夫の仕方は色々あります。

色を使い分ける

試験内容に応じてペンの色を分けるとレイアウトが見やすくなります。

たとえば、面接は赤、セミナーや説明会は青、ESは緑などです。

一目で内容をつかめるようになると、スケジュール管理も楽になるはずです。

優先順位を記号で示す

優先度が高い予定は記号(〇、●、★)をつけて目立たせると、時間の使い方が効率的になるので便利です。

記号が付いている予定があれば、時間をかけて事前対策を入念に行うなどの判断も付きやすくなります。

また、全ての予定に対応しようと思っても、時間的に難しい場合もあります。

就活中は複数社の説明会が同時刻にブッキングするなど、予定が重なることが多々あります。

そんなときは優先順位の高い予定から取り組むのが判断基準のひとつになります。

終了後はマーキングする

内定獲得のためには着実に予定をクリアする必要があります。

50社以上のスケジュールが同時進行していても見落とさないように、終了後は斜線を引くなどしてマーキングしてください。

会社説明会は複数回実施されるのが通例なので、今回は予定が合わなくても次回に参加することもできます。

後で振り返ったときに自分の行動が見直せるような手帳にしておくと便利です。

スマホアプリでのスケジュール管理ってどうなの?

紙の手帳ではなくスマホアプリでスケジュール管理を使用している方もいると思います。

ですが、就活のスケジュール管理ツールとしてはスマホアプリはおすすめしません。

というのも、就活中は採用担当から面接日程の調整のための電話が頻繁にかかってきます。

スマホアプリでは電話しながらのスケジュール確認がやりづらいはずです。

このため、いつでも場所を問わずに日程を確認できる紙の手帳を使うのが良いと思います。

どうしてもスマホアプリを使いたいという就活生は、ハンズフリー機能を使って電話しながらスケジュール確認の操作をできるようにしてください。

まとめ

今回は就活手帳の書き方とスケジュール管理方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2021卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード【2022卒】(2020年11月更新)|就活研究所|note
【現在取扱停止中】 改訂版作成のため、現在取扱を中止しております。 お支払い頂いても商品の閲覧はできませんのでご注意ください。 ※当noteは12/1より再度お取扱予定です。 =============================== 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策して...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
就活情報
理系days