就活悩みの相談は相手を選ぶべき!親への相談は要注意
スポンサーリンク

就活悩みの相談は相手を選ぶべき!親への相談は要注意

就活 相談相手 親

「面接・ESに通らない。」
「どの企業を選んだらよいのか。」
「本当にこの企業でよいのか。」

など、就活中には多くの悩みを抱えるはずです。そんなときに、相談する相手が思い浮かびますか?今回は、就活に関する悩みの相談相手について、私の考えを紹介します。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

親への相談は要注意!

いきなりですが、就活の悩みを親に相談する人は多いのではないでしょうか。もちろん、私も就活中は何度も親に相談をして、アドバイスをもらいました。ただし、親に相談するときには「聞くべき内容」に注意してください。

親のアドバイスを参考にした方が良いとき

「性格」や「好きなこと・嫌いなこと」などについて、自分の親は相当詳しいです。なので、「あなたは○○な性格だから、××企業は合いそう」といった人柄で判断しているアドバイスは聞き入れるべきです。

親のアドバイスを聞き入れてはいけないとき

「○○企業は安定しているからいいよ」「××企業は人気企業だからすごい」など、会社・業界の観点で判断しているアドバイスを聞き入れることは、避けた方がよいかと。自分たちの親年代が就活したのは何十年も前なので、会社・企業の情報そのものが古いことも要注意。「ベンチャー企業は、安定じゃないからおすすめしないよ」的な助言は典型例ですよね。

相談すべき相手は?

では、就活の相談相手としてふさわしいのはだれでしょうか?

就活経験者の年上の兄弟

家族なので「自分の性格や好き嫌い」は詳しく、就活を経験したので「最新の就活事情」も持ち合わせているはずです。就活の悩みを相談するには、最適な相手。

大学の就活支援室の担当者

毎年、何百人、何千人もの就活生を見ているので、最近の就活事情に関しては詳しいです。しかし、「就活生個人の良さ」「就活生個人の性格」の観点からは、適切なアドバイスを受けることは難しいかも。

サークル・部活の先輩

こちらの相談相手も、最近の就活事情にについては相当な理解があります。あとは、個人的な仲の良さから、どれくらい就活生の性格を判断してアドバイスをしてくれるかが重要になります。

就活仲間の友達

同じ時期に就活を経験する仲間を持つことは非常に心強いです。私も、就活の時期は友達と愚痴を言い合ったり、励ましあったりと、非常に助けられました。

しかし、就活仲間の友達からアドバイスを受けることは避けるべきです。基本的に、アドバイスは「経験がある人が経験がない人にするもの」であり、経験値に関しては友達も同程度なはずです。

就活のアドバイスは、見かけ上順調な友達が、苦戦している友達にすることが多いです。ところが、就活の成功には運要素も大きく関係します。本人の能力はほぼ同じなのに、就活でうまくいく人とうまくいかない人がでてくることなど。なので、就活で順調な友達のアドバイスは必ずしも正しいとは限らないので注意が必要です

超人気企業 約1,000社のES・選考体験談をタダでみるには?

学生が優良企業から内定をもらうには事前準備が大切です。

とくに、「志望企業の選考情報」は知っているかどうかで差がつくポイント。

  • インターン枠の有無
  • Webテストの種類
  • 面接の回数
  • 内定者の回答例

企業別の選考情報をラクに入手する方法があるって知っていますか。

「Unistyle」に登録すると、超人気企業 約1,000社のES・選考体験談をタダで閲覧できます!

登録はもちろん無料。月間60万人が利用する就活サービスなので、使わない学生は情報量で負けてしまいますよ!

まとめ

就活中には、いろいろな悩みが出てくるはずです。相談相手をしっかりと選んで、適切なアドバイスをもらえるようにしましょう。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る