就活の面接前に「本音」or「嘘・話を盛ること・建前」は決めておくべき

スポンサーリンク
スポンサーリンク
嘘 本音 盛る 建前面接

就活は正直に本音で話すべきなの…
話を盛ったり嘘を言うのはあり…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか

今回は自分をアピールするときに「本音で話すべきか」「嘘や話は盛るべきか」をご紹介します。

スポンサーリンク

就活前に自分が貫き通すタイプを決めておく

結論から言いますと、「本音」or「話を盛る」はどちらでも問題ありません。

ただし、事前に自分がどちらのタイプで就活に取り組むかは決めておきましょう。

「本音」or「話を盛る」については、自分の性格によるものなので、じっくり考えてみてください。

次に、2つのタイプについて就活でのメリット・デメリットを紹介します。

本音を言うタイプ

緊張しにくい

「本音タイプ」はありのままの自分で面接に臨むので、圧倒的に緊張しにくいです。

試験や試合で緊張する時って、自分の力以上の結果を出そうとしていませんか。

就活の面接に本音で臨む場合、今の自分の力をさらけ出すだけなので、余計な見栄を張る必要もありません。

結果に納得しやすい

100%の自分を出した後の結果については、全て企業に任せるのが「本音タイプ」です。

自分らしさを出して不合格なら、「その企業にはマッチしなかった」のだと理解して他の企業を目指してください。

合格なら「他の学生と比べて自分を必要としている」と結果に納得できるはずです。

入社後が楽

面接の時点で自分らしさを出しているので、会社側も素の自分を理解してくれています。

入社後は変に気を使わずに、ありのままを出せるのでに楽になります。

内定が取れないことも

しかし、デメリットもあります。

「本音タイプ」は結果に納得しやすいですが、就活では運の要素も絡んでくるので、内定がなかなか取れないこともあります。

このデメリットに対して、納得できるかどうかが、「本音タイプ」を貫き通すかの分かれ目になります。

嘘・話を盛るタイプ

内定がとりやすい

「盛るタイプ」の就活生は、自分の行きたい企業に絶対に入る意志を持っています。

内定に必要なことを常に考えて行動するので、OB訪問やインターン参加にも積極的です。

企業の求める人物像を考えて、それをアピールするためのネタや話し方を考えます。

もちろん、内定取得のアピールのためなら「嘘や話を盛ること」はためらわずに行います。

入社後のミスマッチの可能性

「盛るタイプ」の内定取得率は高いです。

しかし、話を盛り過ぎてしまうと、本来の自分とはかけ離れた人物を演出しなければいけません。

就活の面接では理想の人物になりきっても、入社後にそのキャラを演じ続けるのは正直大変です。

入社後に社員や同期を見て、「何か違うな?」「うちの会社に合っていないかも」といったミスマッチを感じる可能性が高いことが最大のデメリットです。

まとめ

就活の面接における「本音タイプ」「嘘・盛るタイプ」のメリット・デメリットを紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2022卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード【2023卒】(2021年10月更新)|Webテストマスター|note
※当noteは10/15より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト対策集を使う方法...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

ベネッセの無料ツールで性格検査の練習

性格検査の練習がしたい...こんな就活生もいるのではないでしょうか。

ベネッセの就活サービス『dodaキャンパス』では、無料で性格検査GPSを受検できます。

23の設問に答えるだけで、

  • レジリエンス
  • リーダーシップ
  • コラボレーション

の3つの特徴が分かるので自己分析にも活かせるし、性格検査の練習としても使えます。

もちろん『dodaキャンパス』の登録は無料です。

対策方法が少ない性格検査だからこそ、事前の準備が大切になります。

スカウト制度による企業からのオファー

就活生の皆さん、「理系ナビ」を知っていますか?

普通の就活では自分で企業を選びますが、『理系ナビ』はスカウト型の就活サービスなので登録後は待っているだけでOKです!

自分のインターン経験や選考状況を登録すると、各企業の人事部が就活生の情報をシェアしてスカウトを送ってくれます。

おすすめポイントはこの3つです。

  • 自分では想像もしないホワイト企業から突然「最終面接」の案内が届く
  • 企業から選んでもらうので選考通過率が格段にアップする
  • 理系特化型の就活サービス

また、就活情報誌を無料で自宅まで届けてくれるサービスもあります。

『理系ナビ』の利用はもちろん無料なので是非使ってみてください。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
面接
理系days