昭和シェル【ES】
スポンサーリンク

昭和シェル【ES】

昭和シェル ES

2017卒の昭和シェルの選考情報です。選考フローは「ES提出」⇒「1次面接」⇒「2次面接」⇒「最終面接」です。

昭和シェルは石油業界に属する元売り会社です。近年、石油業界は業界再編が頻繁に行われており、効率的な運営が求められています。昭和シェルの強みは、「効率的な製油所運営」「太陽電池事業」の2つです。他社との差別化をはかるために、太陽電池事業にも力を入れています。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

募集要項

職種は「技術職」「事務職」があります。

選考フロー

会社説明会→ES提出→1次面接→2次面接→最終面接

2017卒では、説明会は3月、1次面接も3月中旬と非常に選考が早いです。石油業界は選考時期が早い会社が多いので、受ける予定の方は早めに準備を進めましょう。

テスト

webテストの玉手箱形式がありました。

ES

締め切りは3月7日です。提出時期が非常に早いことに加えて、手書き記入です。技術系はES提出と同時に研究概要(A4用紙1枚)の提出もありました。

①研究を行うにあたり、意識的に取り組んでいることを教えてください。100文字以内

②当社で一番興味を持っている(希望する)職種・部門を選んでください。
<生産計画・原料調達・製造技術・技術営業・法人営業・貿易・研究開発・研究開発・新規事業・電力事業>

③上記の職種を選んだ理由を教えてください。100文字以内

④当社を志望する理由について、あなたなりの言葉でご記入ください。400文字以内

⑤組織やチームのためにあなたが問題意識を持って取り組み、やり抜いたと思えるエピソードを教えてください。400文字以内

⑥今までのあなたの経験を踏まえ、これから働くうえで大事にしたいことは何ですか。400文字以内

ES対策

「分量が多い」「手書き記入」「提出時期が早い」といった理由からES作成は相当大変です。

①研究概要・研究で学んだことではなく、研究で意識的に取り組んでいることを記入することに注意してください。

②③④3月中旬のES提出でやりたい仕事を書くためには、説明会等で積極的に情報収集しておくことが必要になります。

⑤「学生時代頑張ったこと」を少し捻った設問です。キーワードは「チーム」・「組織」です。周囲と関わりながら取り組んだエピソードを記入するのがよさそうです。

⑥この設問のアプローチは2つありそうです。

  • 働くうえで大事にしたいことを考えた後に、そのスキルや能力を身に付けたエピソードを探す。
  • 今までの経験で身に付けたスキルや能力を考えた後に、それらを発揮すること事が働くうえで大事である。

いずれのアプローチでも「働く際のスキル」「今まで身に付けたスキル」のすり合わせが重要です。

まとめ

  • ESは手書きで分量も多く、提出時期も早いので大変
  • 研究概要も同時に提出するので、早めに作成しておくことが求められる
スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る