高専

高専成績が悪くても編入できる?GPA平均ボーダーはどれくらい?

成績が悪くても編入できるの…
GPA平均はどれくらい必要かな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は高専での成績が悪くても編入できるのかやGPA平均をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

成績が悪くても編入はできるのか?

結論、高専での成績が悪くても編入は可能です。

というのも、編入試験は筆記試験や面接試験、高専の成績による総合評価だからです。

一般試験に合格するには総合点数で上位をとれば問題ありません。

高専の成績は編入試験に影響あるの?

高専での成績は編入試験に影響あります。

成績証明書を提出するため、大学側には成績スコアは伝わっていると思ってください。

また、高専での成績が以下のような面接の質問に選ばれることもあります。

  • 成績の良し悪しに関する理由
  • 高専の成績と筆記試験スコアに差がある理由

この場合は面接官が納得できるようなネタを話すのが大切です。

高専での成績が悪い人が編入で合格するには?

成績の悪い人が編入で受かるには一般試験での高得点が必要になります。

ほとんどの編入試験は筆記の点数割合が大きいので逆転は可能です。

まずは、大学から科目ごとの配点が公表されているかを確認しましょう。

専門や英語試験において得点源の分野を作れれば、成績が悪くても編入合格はできます。

編入試験で受かるのに必要なGPA平均はどれくらい?

高専の成績で必要なGPAボーダーは2.5以上といわれています。

ただし、編入先によって筆記や面接との点数割合は変わるので注意してください。

GPAが高いのは有利ですが、平均が低くても試験本番のスコア次第では逆転も可能です。

SPI専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は高専の成績が悪くても編入できるのかやGPA平均をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

編入試験対策で使い倒したいサービス!

情報収集や問題演習など、編入試験の準備って想像以上に忙しいです。

試験直前でも全然勉強が終わっていない...という状態では正直、合格は難しいです。

そうならないためにも、編入試験対策に役立つおすすめのサービスをまとめました。

Prime studentで送料無料

Amazon Primeと同じサービスを学生価格で受けられるのがPrime studentです。

正規会員と比較すると、Student会員の年会費は約半額です。

  • Amazon prime:年会費4,900円
  • Prime student:年会費2,480円

会員特典は『Amazon Musicで音楽を聞けること』『Kindleを特別価格で買えること』など、いろいろあります。

特に受験生におすすめのサービスは、以下の2つです。

  • 全ての書籍が10%ポイント還元
  • お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題

急に参考書が欲しいときに、お急ぎ便が送料無料で何度も利用できるのは相当助かります。

無料体験実施中!

実際にどんな制度なのかを体験してもらうために、Prime studentでは半年間の無料体験を実施しています。

無料体験の流れとしては、まず会員登録をしてもらって、その後の半年間はタダでPrime studentの特典を利用できます。

半年経過以降も継続する場合は、その時点で年会費を支払います。

もちろん無料体験後に退会するときにはお金は必要ありません。

会員登録するか悩んでいる学生は、無料体験を行ってから再度続けるかを決めても遅くないですよ。

学生だけの特権なのだから、使い倒しちゃってください!

TOEIC対策にはスタディサプリ

編入試験合格のためにはTOEICで他の受験生と差を付けるのが大切です。

実は英語が苦手な人でも事前対策をしっかり行えば、TOEICでは高得点を取れます。

短期間の受験勉強用には『スタディサプリ』がおすすめです。

1日あたりたったの83円でTOEIC対策、英会話練習を行うことができます。

しかも今なら期間限定で7日間の無料体験を行っています。

 
理系days