ゼミ・研究室がツラくてサボる理由は?休むときのメールのテンプレを紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系学生生活

就活で忙しくてゼミ行きたくないな…
研究室をサボっても大丈夫かな…

理系学生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はゼミや研究室を休むときの方法をご紹介します。

というのも、無断欠席は他の研究室メンバーにも迷惑をかけるので止めた方がいいからです。

スポンサーリンク

ゼミ・研究室に行きたくない原因

まずは、研修室に行きたくない原因を3つご紹介します。

就活が忙しい

就活が本格化すると想像以上に忙しくなります。

ご自身の一生を左右するイベントなのだから、後悔が残らないように全力を出し切ってください。

とはいっても、研究成果を出さないといけない…という学生もいると思います。

忙しい理系学生が就活と研究を両立させる方法をまとめましたので参考にしてください。

理系院生が就活と研究を両立させることは無理なのか?5つの解決策を紹介!
...

研究室メンバーと上手くいかない

研究室は中小企業のような組織です。

教授が社長、准教授が副社長、学生は年次ごとに先輩後輩が決まります。

組織内での人間関係が上手くいかないと、研究室に行きたくないと思うかもしれません。

特に、ボスである教授との関係性が大切です。

研究室の教授と合わない…という方はこちらの記事を参考にしてください。

研究室の教授と相性が合わない…怖い教員のアカハラを防ぐには?
教授との相性が悪くて不安...研究室に行きたくないんだけど...理系学生の中にはこんな不安を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は研究室生活でも大切な教授との上手な付き合い方をご紹介します。教授との相性が合わない理由せっかく研究室に所属し

研究したくない

大学院に進学したけどこんなはずじゃなかった…という方もいるのではないでしょうか。

理由はいろいろあると思います。

  • 将来は文系職で働く
  • 研究以外にやりたいことを見つけた
  • モラトリアムを満喫したい

純粋に研究したくないという時はこちらの記事がおすすめです。

研究がつまらない。研究室に行きたくない。楽しくないときはどうする?
大学での研究がつまらない...卒業したら研究職に就こうかな...理系学生の中にはこんな悩みがあるのではないでしょうか。正直なところ研究活動には向き不向きがあります。ただ、自分の性格は知っていても、実際にやってみないと合っているかなんて分から

ゼミや研究室をサボる言い訳

研究したくないからと言って無断で研究室をサボるのはNGです。

研究活動を怠けていると評価されてしまうと、卒業に必要な単位がもらえないこともあります。

そこでゼミや研究室を休むときのもっともらしい言い訳を2つご紹介します。

就活で説明会や面接に行く

就活時期になれば面接や説明会を理由に研究をサボることができます。

  • 急に面接が入ってしまった
  • 遠方の工場見学に行くのに終日かかる

就活ではこのようなイベントがたくさんあります。

また、研究室メンバーには就活が上手くいってないことを伝えて同情してもらうのもコツです。

こいつは研究もだめだけど就活もイマイチなんだな…と思ってもらえれば上出来です。

評価はガタ落ちしますが、堂々と研究をサボることができます。

体調不良

体調不良を理由に研究室を休むこともできます。

何度も連発はできないけれど家族の体調不良を言い訳にすることもできます。

ゼミや研究室を休むときの連絡方法

研究室を休むときには事前に連絡するのがおすすめです。

ここからは連絡方法についてご説明します。

基本はメールで教授に連絡

研究室を休むときの連絡手段はメールで問題ありません。

教授宛に〇〇日は研究室を休む旨、事前にメールを送りましょう。

教授は出張や講義で忙しいため、直接話したり、電話する必要はありません。

都合の良い時間に確認できるメールが便利といえます。

コアタイムがあるときは研究室メンバーにも連絡

コアタイムがある研究室では研究室メンバーにもメールを送っておきましょう。

平日〇時になっても研究室に来ないと、他のメンバーが心配してしまうかもしれません。

事前にメールを送っておけば、心配不要です。

研究室のコアタイムって長いと違法?守らないで無視するのはいいの?
研究室にはコアタイムってあるの...コアタイムの平均ってどれくらいなのかな...理系大学生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は大学の研究室に関して、以下の内容をご紹介します。 コアタイムの詳細 コアタイムの平均時間

緊急の時は電話もあり

体調不良を理由に休むときは電話連絡もありです。

まずは教授宛に電話して『体調不良のため休むこと』を伝えましょう。

講義などで不在の時は、研究室の学生に電話して休むことを連絡すればOKです。

休むときのメールのテンプレを紹介

研究室・ゼミを休むときにはメールでの連絡がおすすめとご紹介しました。

とはいっても、どんな文面を送ればよいのか気になる方もいると思います。

そこで、メールのテンプレをご紹介します。

件名:体調不良のため、本日はゼミ(or 研究室)を欠席します。

〇〇先生

お世話になります。××です。

昨日より具合が悪く、今朝は発熱もあるため本日のゼミ(or 研究室)は欠席させて頂きます。

よろしくお願いします。

まとめ

今回はゼミや研究室を休む方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2020卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

2021卒!玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード(2019年12月更新)|就活研究所|note
※当noteは12 /15より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト解答集を使う...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

就活ノートでリアルな選考情報をみる

ほかの就活生が知らない選考情報・クチコミを利用すれば、短時間で対策できます!

  • 内定までの面接回数
  • 過去3年分のES設問
  • 内々定後の後付け推薦の有無

こんな情報を知っているだけで無駄な準備をせずに就活できるのではないでしょうか。

『就活ノート』では無料登録するだけで1000社以上のESや選考情報が見放題です。

他の学生と差をつけるにはおすすめの無料就活サービスです!是非利用してみてください。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系学生生活
理系days