就活情報

録画面接のカンペ,イヤホン:動画選考の取り直し/やり直しは?

録画面接は取り直しできないのかな…
録画面接内容を覚えられないんだけど…
ライオン/ベイカレントの録画面接は撮り直しできるの…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は録画面接でのバレないカンペ方法をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

録画面接では音声カンペがおすすめ

録画面接でのバレないカンペのやり方は音声を使う方法です。

音声カンペとは耳で聴くカンペのこと。

事前にしゃべる文章を録音しておき、本番では録音した音声を聴きながら、聴いた内容をそのまま話す方法です。

話す内容を覚えられない…という学生はぜひ試してみてください。

自己紹介動画:30秒の挨拶例文とは?インターンの自己PR方法
就活の動画ってどんな風に撮ればいいのかな...動画エントリーの具体例を知りたい...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は就活本番やインターン選考で求められる動画エントリーの対策方法をご紹介します。動画にふさわし

カンペを使うとバレるのか?

録画面接でカンペを使うとバレるのかって気になる方も多いと思います。

結論から言いますと、紙やメモのカンペはバレる可能性がありますが、音声カンペはバレません。

紙やメモのカンペはバレる可能性がある

紙やパソコンのメモ帳をカンペとして使うと、文章を読むときにどうしても目線が不自然に動いてしまいます。

これだと採用担当からは「カンペを見ながら話している」と思われて、印象が悪いです。

自分では目線を動かしていないつもりでも、他人が見ると思った以上に視線がずれていることもあり、バレるリスクは高いです。

音声カンペはバレる可能性はない

一方、音声カンペは耳で聴くのでカメラ目線のまま話すことができます。

不自然な目線の動きを知られることもないので、カンペの存在がバレることはありません。

音声カンペで録画面接する方法

ここからは音声カンペで録画面接する方法をご紹介します。

  • 話す内容(録画内容)の検討
  • 文章を音読して録音
  • 録音した音声を聞きながら録画面接
  • 録画内容を確認

話す内容(録画内容)の検討

まずは、録画面接で話す内容を検討して文章に書き出します。

作るときのコツは、はじめは文字数を気にせずに文章を書き、その後に不要な文言を削って文字数を調整することです。

話すスピードと文字数の関係はこちらのとおりです。

  • 1分:300文字
  • 2分:600文字
  • 3分:900文字

文章を音読して録音

録画面接で話す内容を文章に書いたら、その文章を音読して録音します。

録音のポイントは、

  • 少しゆっくりめに話す
  • 文と文の間は一息入れる

の2つです。

録画面接本番では音声を聴きながら話すので、スピードが早すぎると録音した音声についていけなくなります。

また、自然体に聞こえるように文と文の間は一息いれるようにしてください。

録音した音声を聞きながら録画面接

録画面接ではイヤホンを使って録音した音声を聴きながら、そのままの内容を話せばOKです。

自分の声の大きさでかき消されないように、耳から聞く音量は大きめに設定しておきましょう。

本番のポイントとしては、聴くことに集中しすぎずに笑顔を意識することです。

無表情になったり、カメラ目線が外れないように注意してください。

録画内容を確認

最後に、録画内容の確認をおこないます。

不自然な箇所がないかをチェックし、取り直しできる場合は気になるところを修正しましょう。

録画面接での音声カンペの注意点

録画面接での音声カンペの注意点をご説明します。

イヤホン装着が必要

音声カンペではイヤホンの装着が必須になります。

このため、企業からイヤホンは使用不可と言われている場合は音声カンペは実行できません。

何も指定されていなければ、録画面接でイヤホンを使っても問題はありません。

むしろ、パソコン内蔵のマイクは性能が低く聞き取りにくいことが多いので、イヤホン推奨ともいえます。

早口になり時間が余らないように

音声カンペは、読み上げた文章をそのまま話すだけなので内容を覚える必要もありません。

注意点としては早口になり時間が余らないようにすることです。

事前に話す内容を決めているからこそ、早口になりやすいので注意してください。

録画のやり直し・撮り直しはできるのか?

結論から言いますと、録画面接でやり直し・撮り直しができるかは企業によって異なります。

最近の例では、撮り直しできるのは各設問3回までで、それ以上は最後の動画が自動的に転送される方法もあります。

とはいっても、やり直し・撮り直しの回数は事前に告知されるので、動画撮影前に練習しておけば問題はありません。

録画面接の出題企業

過去に録画面接が出題された企業はこちらの通りです。

  • ダイソー
  • ノジマ
  • リコージャパン
  • アマゾン
  • ラウンドワン
  • ソフトバンク
  • ミュゼ
  • ツルハ
  • ドミノピザ
  • ビズリーチ
  • ライオン
  • 松屋
  • ダイフク
  • ミルボン
  • 日本光電
  • 雪印
  • コカコーラ
  • パイロット
  • パナソニック
  • ローランドベルガー
  • 三井化学
  • 住友化学
  • 野村不動産

エントリーされる場合は録画面接が出題される可能性があるため、事前準備をしておきましょう。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は動画面接のカンペのコツをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ESとAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

理系days