理系院生の就活ってきつい?推薦使ってもツライかもしれない話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系就活

理系院生って就活きついのかな。
推薦をつかえば簡単に就活って決まるのかな

理系学生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

理系就活は文系学生と比較すれば楽という話もききます。

とはいっても、有名大企業では理系特有の推薦制度を使っても受からない可能性も十分あります。

今回は理系就活に関して、

  • 推薦制度を使えば確実に内定ゲットできるのか
  • 理系就活がツライ2つの理由

をご紹介します。

もっと事前準備しておけば良かったと….後悔しないためにも、理系就活の実態を事前に知っておきましょう。

スポンサーリンク

理系は推薦を使えば確実に内定ゲットできるのか

理系学生が就活楽といわれる理由は学校推薦があるからです。

なんとなく、学校推薦を使えば面接の通過率は100%、簡単に有名大企業に就職できると思っていませんか。

たしかに推薦を取れれば就活は有利に進められますが、理系の学校推薦では必ず内定を貰えるとは限りません。

以下3つのパターンに分けて学校推薦のメリットを説明します。

  • 推薦制度が無い企業
  • 学校推薦が受験票という企業
  • 学校推薦とれれば内定という企業

推薦制度が無い企業

志望企業、志望職種によっては学校推薦が無い可能性も十分あります。

推薦制度を利用できる職種としては日系メーカーの技術職が主なカテゴリーです。

大学、専攻毎に推薦制度の対象企業は異なりますので先輩や大学就職課で情報収集しましょう。

また、下記のような日系メーカー以外の職種、業界では推薦制度が存在しません。

  • コンサル
  • 外資系企業
  • 鉄道業界
  • エネルギー業界
  • エンジニア
  • 文系就職
  • ベンチャー就職

推薦制度が無い企業を受けるときは、残念ながら理系就活の恩恵を受けられません。

理系就活の推薦応募(学校推薦)と自由応募のメリット・デメリットとは?
...

学校推薦が受験票という企業

推薦を募集する企業では、学校推薦をとれれば内定獲得できる!と思うかもしれません。

しかし、大学推薦取得後の内定獲得率は企業、大学毎に異なります。

特に、重工系メーカーの技術職では学校推薦は受験票くらいの効力しかありません。

また、運良く大学推薦を取れたとしても1次面接からしっかり評価されます。もちろん結果が悪ければ不合格になります。

重工系メーカー以外では、業界第1位、人気企業ランキング上位といった就活生が多数応募する企業推薦は受験票になる可能性があります。

学校推薦を取れれば内定という企業

大学推薦は受験票という企業もあれば、学校推薦を取得できれば内定獲得という企業もあります。

業界2位以下の企業の採用では、推薦制度の効力を強めることで優秀な学生を獲得する作戦をとっています。

  • 最大手で推薦をとっても受験票にしかならない
  • 業界2位の推薦をとれば内定獲得

理系就活ではこのようなパターンになることが多いです。

就活生の皆さんが推薦を取得するときには、どちらの道を選ぶかしっかり検討してください。

学校推薦は同時に1社しか取れないので、どちらの作戦で進めるかは慎重に決めたいところです。

理系就活の学校推薦(推薦応募)は辞退可能か?内定前に知るべき2つの方法。
...

文系就職希望だと理系院生は不利かもしれない

理系大学院生に人気な就職先はメーカーやインフラ企業の技術職です。

一方、研究活動をしてみて自分には向いていない…と思う方も少なからずいます。

技術職以外では文系学部生と同様に、営業、財務、人事といった事務職を目指すことも可能です。

ただし、理系院生が王道の技術職に就職せずに事務職を志望する場合は、志望理由をしっかり述べられないとESで不合格になります。

文系学生と比べて+2歳の年齢差を挽回できる魅力を伝えられるかが内定獲得のポイントです。

研究との両立がツライ

理系院生の就活がツライという最たる理由は研究活動との両立があるからです。

大学院1年の3月は修士研究の中間発表、学会準備に追われる時期です。

研究の進み具合によっては論文執筆を行う学生もいるでしょう。

修士研究の忙しい時期と並行して就活を進めるためには、事前の準備をしっかり行うことが大切です。

  • インターン時期からテストセンターを受験する
  • ESのテンプレートを作成する
  • 研究概要を作成する
  • OB訪問を実施する

この辺りの内容は就活解禁前からも進められます。

また、指導教員がどれくらい就活に理解を持っているかも重要なポイントになります。

修士1年から研究成果を出して、指導教員の信頼を獲得しておけば就活時期は就活に専念できるかもしれません。

理系院生が就活と研究を両立させることは無理なのか?5つの解決策を紹介!
...

まとめ

今回は理系院生の就活の大変さについてご紹介しました。

いかがだったでしょうか。理系就活の恩恵がある推薦をうまく使えれば楽に進められますが、そうでないと結構大変です。

まずは、ご自身の志望企業に推薦があるかどうかを事前に情報収集してみてください。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2019卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

2020卒!玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード(2019年8月更新)|就活研究所|note
※当noteは8/31より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト解答集を使う方法で...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

就活ノートでリアルな選考情報をみる

ほかの就活生が知らない選考情報・クチコミを利用すれば、短時間で対策できます!

  • 内定までの面接回数
  • 過去3年分のES設問
  • 内々定後の後付け推薦の有無

こんな情報を知っているだけで無駄な準備をせずに就活できるのではないでしょうか。

『就活ノート』では無料登録するだけで1000社以上のESや選考情報が見放題です。

他の学生と差をつけるにはおすすめの無料就活サービスです!是非利用してみてください。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系就活
理系days