就活情報

QC検定(品質管理検定)2級/3級は就活で有利?取得メリットとは?

就活で有利になる資格を知りたい…
QC検定は取った方がいいのかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は就活生向けにQC検定の取得メリットをご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

QC検定(品質管理検定)とは

QC検定の概要

QC検定は品質管理検定とも呼ばれ、製品の品質を保証するための知識や技術を持っていることを示す資格です。

メーカーで働く際には是非取得して欲しい資格のひとつです。

技術者として品質保証に携わる際にはもちろんですが、営業や事務職として自社製品への理解を深める際にも役立ちます。

また、QC検定には1級、2級、3級、4級があります。

3級、4級は取得難易度も低いですが、正直実務に役立つ知識を得られる程の効果は期待できません。

就活資格としてアピールするなら2級以上をおすすめします。

試験スケジュール

QC検定の試験は年2回(3月と9月)行われています。

専用会場での筆記試験があり、1級の一次試験と2級~4級の解答形式はマークテスト、1級の二次試験は論述形式になります。

試験時間は以下のとおりです。

  • 1級:120分
  • 2級:90分
  • 3級:90分
  • 4級:90分

QC検定が実務で役立つ場面

QC検定を取得すると実際に働くときにはどんな場面で役立つのでしょうか。

具体例を2つご紹介します。

量産化フェーズで役立つ

メーカーで製品を量産化する段階でQCの資格が役に立ちます。

具体的には次のようなときに有効です。

  • 量産化したけど不良品がどれくらい出ているのか
  • 不良品率を知りたい
  • 不良品は出ているけど本当に利益は出るのか

品質管理や品質保証の業務では多用する機会が多いです。

もちろん、営業や設計の視点で量産化を評価するときにも役立てることは可能です。

データ解析に役立つ

QCの知識は製造現場で不良製品が発生した際のデータ解析にも役立ちます。

  • パレート図
  • 特性要因図
  • 層別の考え方
  • チェックシート
  • ヒストグラム
  • 散布図
  • グラフ及び管理図

これは『QC七つ道具』と呼ばれ、品質改善のツールとして実務に直結します。

個人で判断するときの手法としても使えますが、QCの知識を利用することで相手に説明するときには説得力を持たせることができます。

就活で有利になるアピール方法

QC検定を取得することで就活にはどんなアピールができるのでしょうか。

具体例を2つご紹介します。

メーカー職への志望度の高さを伝える

メーカーに就職する場合、入社後に必要資格としてQC検定を取る可能性が高いです。

就活時点で将来必要な資格を調べて受験できることは志望度の高さにも直結するはずです。

メーカー職への志望度の高さをアピールするようにしましょう。

必要な知識は自ら学ぶ姿勢を伝える

メーカー職のようにQC検定が仕事内容に直結しない業界や業種に就職する人もいます。

そんなときは、資格取得を通して自ら積極的に学ぶ姿勢が身に付いていることをアピールしてください。

入社後は未経験の部署に配属されるかもしれませんが、そんなときに独学で必要知識を得る姿勢を持っていればすぐに追いつけるはずです。

将来的に人事異動で部署が変わっても自ら積極的に勉強できる姿勢を持っていることは強みになります。

QC検定の勉強方法

QC検定を取得するときの勉強方法をご紹介します。

勉強するときにはテキスト1冊と過去問1冊があれば十分です。

前提としては高校数学までの知識が必要であり、それ以外は上記2冊を繰り返し解くことで合格点に到達します。

まずはテキストを1周解いて、分からない問題があれば解説を読みながら理解するようにして下さい。

テキストを2~3週解いて間違いが無くなったら、過去問演習に入ります。

本番同様の試験時間を設定しながら解答し、問題演習を進めてください。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は就活資格としてQC検定をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ES提出とAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

理系days