大学院の学費免除の基準とは?奨学金の種類ともらう方法を紹介!
スポンサーリンク

大学院の学費免除の基準とは?奨学金の種類ともらう方法を紹介!

大学院に進学したいけど学費はどうしよう…
研究で忙しそうだからアルバイトできるかな…

大学院の学費に関して疑問に持っている方も多いのではないでしょうか。

私は幸運なことに大学院生時代に給付型の奨学金をもらうことができました。今回は私自身の経験を基に、大学院生が奨学金をもらう方法をご紹介します。

奨学金の種類や貰うための基準などを説明していきます。

スポンサーリンク

大学院の授業料を免除するには?

「奨学金制度」という言葉自体は、一度は聞いたことはあるのではないでしょうか。

在学期間を通して企業や国からもらったお金を学費に充てることができます。支給金額や期間は各奨学金の条件によって異なります。

皆さんに覚えて欲しいことは、奨学金には返済義務の有無によって2種類あるということです。

奨学金には「貸与型」「給付型」の2種類ある

まず奨学金には「貸与型」「給付型」があることを覚えておいてください。主な違いは下記の通りです。

  • 貸与型:返済義務あり
  • 給付型:返済義務なし

貸与奨学金

貸与型の奨学金には返済義務が発生します。

さらに、奨学金の種類によっては金利が生じるタイプもあります。

学生で利用者が多い日本学生支援機構2種の奨学金は、60万借りて75万を返却します。15万円分の利子、金利換算すると2.5%が発生しています。

このため、貸与型奨学金を借りる際には事前に利子が発生するかどうかを確認する事が大切です。

とくに、利子が追加される奨学金に関しては、利子分を追加で支払ったとしても借りるべきお金かどうかを十分に考えてみることをおすすめします。

また、日本学生支援機構が運営する貸与型奨学金1種を大学院生が利用すると、修了時の成績が優秀なら返還免除になるって知っていますか。

返還免除になれば、実質タダで数百万円を貰うことになるので、院生が1種奨学金を借りることは試してみるべきです。

参考 【大学院生必見】奨学金返済を免除する方法・評価基準・点数を解説!

給付奨学金

給付型の奨学金では返済義務はありません。学生にとってみればタダでお金をもらえます。

ただし、採用される条件が相当厳しいとおもいます。

  • 親の年収
  • 学業の成績
  • 志望理由書
  • 人柄

こういった内容が総合的に判断されて対象者を決定します。ハードルが高いため、もらえたらラッキーくらいの心構えでいたほうがいいです。

企業が提供する給付型奨学金について

給付型奨学金には「国から貰うタイプ」と「企業から貰うタイプ」に分けられます。

企業が提供する給付型奨学金の中には、卒業・修了後に出資元の企業に就職し数年間勤務すれば、奨学金の返済義務を免除するという条件付きのタイプもあります。

元々興味のある業界や企業が決まっているときには、奨学金があるかどうかを事前に確認してみてください。

奨学金申請に重要な理由書の書き方とは?

給付型奨学金をもらうためには、高倍率の選考を突破しなければなりません。候補者を選ぶ審査での重要ポイントは「理由書」の完成度が高いかどうかです。

ここからは、奨学金をもらうために必要な「理由書」の書き方をご紹介します。

大学院に進学した理由

文系学生は大学4年間で卒業した後、社会人として働き始める人がほとんどです。一方、理系学生は大半が大学院に進学しています。

理由書を作成する上で、大多数の理系学生がなんとなく考えている大学院進学の理由を明確に書きましょう。具体例としてはこんな感じでしょうか。

  • 将来は研究者になりたい
  • 大学とは違う高度な研究をしたい
  • 卒論のテーマを更に数年間進めたい

ご自身でオリジナルの理由を作成できれば、審査通過率もグッと高くなるはずです。

学費を払うことができない理由

大学院の学費が払えない理由を記載することもおすすめです。ご自身だけでなく、家族構成などを理由の一つして書くと、説得力が上がるとおもいます。

  • 通学時間が長いためアルバイトに限度がある
  • 親の年収が低い
  • 大学生の兄弟がいるため学費がかかる

記入する際には、空いている時間はアルバイトで収入を確保しようとしているが、時間が足りないため学費分は稼げないといったように、努力の姿勢を出すことは大切です。

まとめ

今回は大学院の奨学金の種類・貰うための方法をご紹介しました。いかがだっだてしょうか。

奨学金を申請するかどうか悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

参考 理系大学院の学費は安い?国立・私立の違いを比較一覧表で紹介!

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る