就活情報

面接中はオウム返しで時間稼ぎ!つなぎ言葉のタイミングとは?

面接中に頭が真っ白になってしまった…
回答内容を考える時間が欲しい…

こんな不安を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は面接テクニックとしてオウム返しで時間を稼ぐ方法をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

オウム返し話法とは?

面接官の質問内容を復唱するだけ

今回ご紹介する面接中のオウム返し方法のやり方はとても簡単です。

面接官の質問や発言を聞いて復唱するだけです。

当社の仕事はトラブルが発生すると休日でも対応しないといけないんだよ。

トラブル発生時には休日対応も必要になるということでしょうか。

こんな感じで面接官の質問やコメントをそのまま繰り返せばOKです。

回答時間の確保に役立つ

オウム返し話法を行うことで、頭が真っ白になっていても回答を考える時間を確保できます。

面接官が再度同じことを聞いてくれるはずなので、その時までに考えをまとめておきましょう。

面接官が自分の意見や追加の内容をかみ砕いて説明してくれる場合には、30秒程度の時間を稼ぐことができます。

質問内容を理解せずに回答するのはNG

面接では想定質問を考えることが大切ですが、頻出質問以外では事前に回答の準備が難しいこともあります。

ですが、質問内容を理解せずに適当に答えるのは絶対にやめて下さい。

的外れな回答をしてしまうと、コミュニケーション力が低いと判断されてマイナス評価になってしまいます。

面接の雰囲気が良くなる可能性がある

オウム返し話法のメリットは時間稼ぎだけでなく、面接中の雰囲気が良くなることも考えられます。

というのも、面接官が自分から話を始めてくれる場合は、会話が盛り上がり雰囲気が和む可能性があるからです。

話し好きな面接官も多いので、面接官自身のコメントを参考にして自分の意見を回答するとウケも良くなります。

便利なつなぎ言葉をご紹介

オウム返し話法以外にも、回答時間を確保するのに役立つセリフがあるのでご紹介します。

『そうですね』『え~と』

面接でも使用可能な言葉としては、『そうですね』『え~と』がおすすめです。

両方ともつなぎ言葉としてセリフ冒頭につけることで、本題を回答するまでの時間を確保できます。

稼げる時間としては3秒程度しかならないので、長時間必要な時はオウム返し話法を使ってください。

SPI専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は面接中の時間稼ぎ方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days