理系学生生活

オンラインテストでカンニングは大学にバレる?Zoom試験の目線は?

オンラインのZoomテストって不正カンニングできるの…
オンライン監視型のWebテストはカンニング不可なの…

toeicのカンニングや協力はバレるかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はオンラインテストでのカンニングに関する情報をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

オンラインテストの実施方法

まずは最近多いオンラインでのテスト実施方法をご紹介します。

Googleフォームでの選択式

Google フォームを利用した選択式のオンラインテストが一番多いです。

問題制作側にとっても自動採点+自動集計をしてくれるので使い勝手が良いのが理由だと思います。

PDFをメールで送る記述式

記述式の問題が出題される場合は、PDFの回答をメールで送付します。

回答方法はパソコンで作成する場合もあれば、手書きの資料をPDF化してメールで送付するケースもあります。

オンラインテストの問題点

まだまだ実施方法が未確立のオンラインテストでは課題もたくさんあります。

カンニングが容易にできる

オンラインテストの問題点といえば、以下のようなカンニングが容易にできることです。

  • 教科書やネットで調べる
  • 他の学生と相談する

教科書やインターンで調べるやり方は、オンラインテストでなくても持ち込みOKとしている講義では日常的に行われています。

テストの主旨として、考える力を評価するためには公式や単純知識の暗記は不要というスタンスです。

一方、オンラインかどうかに関係なく、当然ながら他の学生との相談を可とするテストはありません。

ですが、オンラインテストでは容易に他の学生と相談しながら解答できてしまうのが実情です。

これは大学側でも周知の事実であるため、現在も色々な対策を講じている状況です。詳細は後程ご紹介します。

ネット環境の影響を受ける

オンラインテストでは自宅のインターネット環境を使用します。

固定回線であれば安定した速度が期待できますが、ポケットWiFiだと速度制限や障害物の影響で安定しない場合があります。

しかも、個人のネット環境だけでなくオンラインテストのように一度に大勢が同じページに入ろうとすると、サイトがダウンする可能性もあります。

このようなネット環境によるトラブルもオンラインテストでは問題点のひとつと考えられます。

カンニング対策としてのZoom監視

オンラインテストの問題点としてカンニングが容易にできることをご説明しましたが、大学側も対策を行っています。

それがテスト中にZoomのビデオ通話を通して学生の受験状況を監視する方法です。

カンニング対策としてのZoomはこんな感じで使用されます。

  • 学生は20名程度のルームに通される
  • 各ルームには教授やTAが最低1人入る
  • テスト中はミュート+カメラオンが必須
  • Zoomビデオは録画されており後日確認される

講義室でのテスト受験ではなくても、Zoomを使えば学生の不正行為を見抜くことは可能になります。

教科書やスマホで調べる方法はもちろん、学生同士で相談するカンニングもバレてしまいます。

オンラインテストでは目線もチェック

オンラインテストではカンニング防止のために目線を確認することもあります。

テスト開始前に、パソコン画面を見ているときの視線を確認して、試験中も大差ないかを監視するのが王道のやり方です。

試験中は不用意にキョロキョロ目線が動いていないか、無関係のことをしていないかのチェックも行います。

Web面接のiPad目線:スマホやカメラのZoom視線は?
Zoom面接ではどこを見ればいいのかな...回答のカンペはバレるの...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はWeb面接での目線のポイントをご紹介します。Web面接の目線はカメラに合わせる結論から申し上げますと、Web面接での

カンニングがバレると単位取消になるの?

オンラインテストは始まったばかりなので、実施方法については随時改善されていくと思います。

ですが、カンニングなどの不正行為に対しては、講義室でのテスト同様に相応のペナルティが課せられます。

該当講義の単位取消はもちろんですが、場合によっては学期全ての単位取消や退学処分という可能性もあります。

大学側としてもオンラインテストでのカンニング防止対策は今後一層強化することが想定されます。

TOEICのカンニングはバレる?

最後に、TOEICのカンニングについてもご説明します。

結論から申し上げますと、TOEICのカンニングはリスクも大きいしバレるので止めた方が良いです。

最近の状況下でもTOEICは会場受験方式なので、本人確認が厳重であり替え玉はできません。

また、受験するには抽選に当たらなければいけないので、カンニングで貴重な受験資格を失うのは正直もったいないです。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はオンラインテストでのカンニングに関する情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ESとAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

理系days