【22卒・23卒】OfferBoxの評判:メリットデメリットは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
就活情報

OfferBoxの評判を知りたい…
メリットデメリットはあるのかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は22卒、23卒向けの就活ツールOfferBoxの評判をご紹介します。

スポンサーリンク

OfferBoxとは

OfferBoxは無料で利用できる就活ツールのひとつです。

主な機能としては

  • 逆求人スカウトツール
  • 適性検査AnalyzeU+

の2つがあります。

逆求人スカウトツール

逆求人スカウトとは、企業が学生のプロフィールを読んで、気になる学生にオファーを出す方法です。

学生は自己PRやガクチカなどを登録すれば、後はスカウトが来るのを待つだけです。

採用担当からオファーを出すので、マッチングすれば内定率が高いのも特徴になります。

逆求人スカウトツールとしては大学生協もおすすめしている就活サービスです。

適性検査AnalyzeU+

OfferBoxが提供する適性診断ツールがAnalyzeU+です。

無料の適性診断ツールとして使い勝手が良いサービスになります。

めんどくさい自己分析をアンケート感覚で済ませられるので、コスパ良く就活を進めたい学生にはぴったりです。

AnalyzeU+の偏差値平均:OfferBox適性診断の平均は?
AnalyzeU+の平均偏差値ってどれくらいなの...OfferBox適性検査の評判を知りたい...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は就活ツールとしておすすめのAnalyzeU+の情報を紹介します。AnalyzeU+とは?

OfferBoxの参加企業、登録企業

OfferBoxの参加企業は一部だけが公開されています。

以下が公表されている企業一覧です。

  • 経済産業省
  • 資生堂
  • Microsoft
  • 3M
  • ニトリ
  • 日産
  • GREE
  • Sansan
  • Ateam
  • SECOM
  • COOP
  • KUMON
  • 大幸薬品
  • 朝日新聞
  • MicroAd
  • 千趣会
  • JCB
  • TRENDMICRO
  • ぴあ
  • Istyle
  • 理想科学工業
  • ロート
  • オプト
  • アステラス製薬
  • 船井総研

掲載されている企業を目指す場合はもちろんですが、OfferBoxにはそれ以外にも数千社が参加しています。

スカウト型の就活サービスでは最大手ですので、ぜひ利用してみてください。

OfferBox:参加企業一覧、登録企業は?
OfferBoxにはどんな企業があるのかな...参加企業の一覧を知りたい...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はOfferBoxの参加企業についてご紹介していきます。OfferBoxの参加企業一覧、登録企業とは?結論から言

22卒・23卒がOfferBoxを使うメリット

22卒・23卒がOfferBoxを使うメリットを4つご紹介します。

  • 登録するだけで勝手にアプローチがくる
  • 知らない企業に出会える
  • 適性検査の練習ができる
  • 自己分析、ES対策が進む

登録するだけで勝手にアプローチがくる

スカウト型の就活サービスなので、学生がプロフィール情報を登録すれば企業から勝手にアプローチが来ます。

普通の就活ではESを出して、テストを受けて、面接に足を運んでと、基本は学生側からのアクションですが、OfferBoxでは全て逆です。

待っているだけで内定につながるのでサクッと就活を終わらせたい人にはぴったりです。

知らない企業に出会える

OfferBoxを利用することで、自分では想像していなかった企業と出会える可能性があります。

自分の狭い視野に限られてしまうと、多様な業界と触れ合うチャンスを逃してしまうかもしれません。

企業からオファーをもらえるということは、相性も良く自分とマッチする可能性も高いので検討する価値は十分あります。

適性検査の練習ができる

OfferBoxに登録すると適性検査AnalyzeU+を受検することができます。

AnalyzeU+では251問の質問に回答し、自分の性格特性を診断します。

他の適性検査と比べて問題数が多いので客観的な分析ができるのもメリットといえます。

自己分析・ES対策が進む

OfferBoxへの記入情報には以下の項目があります。

  • 過去のエピソード
  • 自己PR
  • アピールポイント

スカウト率を上げるためには、全ての欄を記入することが大切です。

ボリュームが多いため時間はかかりますが、その過程を通して自己分析やES対策を進めることができます。

記入方法の詳細はこちらの記事でまとめています。

OfferBox:過去のエピソード例の書き方、自己PRとの違いは?
オファーボックスの過去のエピソードってどう書くの...自己PRとの違いを知りたい...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はOfferBoxでの過去のエピソード例の書き方をご紹介していきます。過去のエピソード/自己PR/アピー

22卒・23卒がOfferBoxを使うデメリット

OfferBoxを利用するときのデメリットを2つご紹介します。

  • 志望企業からオファーが来るかはわからない
  • 記入情報が多いので登録に時間がかかる

志望企業からオファーが来るかはわからない

スカウト型の就活サービスなので志望企業からオファーがもらえるかは運次第です。

業界を明確に記載したり、自己PRを工夫することでマッチング率を上げることはできます。

しかし、逆求人ツールの特性上、必ずしも自分の気になる企業からスカウトがもらえるとは限らないので注意してください。

記入情報が多いので登録に時間がかかる

OfferBoxは良くも悪くも記入情報のボリュームが多いです。

スカウト率を上げるためには項目を充実させるのが大切ですが、全ての欄を埋めるのは正直大変です。

既にガクチカや自己PRが固まっている人はコピペで記入すれば、短時間で完成します。

一方、これからガクチカを考える就活生は、時間はかかりますがOfferBoxを通して精度を高くするのもひとつの手段です。

【ガクチカ】400字/300字/200字/150字/100字:例文とは?
ガクチカの例文を知りたい...ガクチカはどれくらい書けばいいの...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はガクチカの文字数に関する情報をご紹介します。ガクチカの文字数と例文とは?ガクチカで頻出の文字数は以下の通りです。 400

OfferBoxの評判とは?

結論から言いますと、OfferBoxは絶対に使ってほしい就活ツールです。

既にご紹介したような充実した機能があるのに、無料で利用できるのだから使わないのは正直もったいないです。

まとめ

今回はOfferBoxのメリット・デメリット、評判をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2022卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード【2023卒】(2021年10月更新)|Webテストマスター|note
※当noteは10/15より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト対策集を使う方法...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

ベネッセの無料ツールで性格検査の練習

性格検査の練習がしたい...こんな就活生もいるのではないでしょうか。

ベネッセの就活サービス『dodaキャンパス』では、無料で性格検査GPSを受検できます。

23の設問に答えるだけで、

  • レジリエンス
  • リーダーシップ
  • コラボレーション

の3つの特徴が分かるので自己分析にも活かせるし、性格検査の練習としても使えます。

もちろん『dodaキャンパス』の登録は無料です。

対策方法が少ない性格検査だからこそ、事前の準備が大切になります。

スカウト制度による企業からのオファー

就活生の皆さん、「理系ナビ」を知っていますか?

普通の就活では自分で企業を選びますが、『理系ナビ』はスカウト型の就活サービスなので登録後は待っているだけでOKです!

自分のインターン経験や選考状況を登録すると、各企業の人事部が就活生の情報をシェアしてスカウトを送ってくれます。

おすすめポイントはこの3つです。

  • 自分では想像もしないホワイト企業から突然「最終面接」の案内が届く
  • 企業から選んでもらうので選考通過率が格段にアップする
  • 理系特化型の就活サービス

また、就活情報誌を無料で自宅まで届けてくれるサービスもあります。

『理系ナビ』の利用はもちろん無料なので是非使ってみてください。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
就活情報
理系days