就活情報

OfferBox:参加企業一覧、登録企業は?大手は?

OfferBoxにはどんな企業があるのかな…
参加企業の一覧を知りたい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はOfferBoxの参加企業についてご紹介していきます。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

OfferBoxの参加企業一覧、登録企業とは?

結論から言いますと、OfferBoxの参加企業は一部だけ公開になっています。

以下が公表されている企業一覧です。

  • 経済産業省
  • 資生堂
  • Microsoft
  • 3M
  • ニトリ
  • 日産
  • GREE
  • Sansan
  • Ateam
  • SECOM
  • COOP
  • KUMON
  • 大幸薬品
  • 朝日新聞
  • MicroAd
  • 千趣会
  • JCB
  • TRENDMICRO
  • ぴあ
  • Istyle
  • 理想科学工業
  • ロート
  • オプト
  • アステラス製薬
  • 船井総研

掲載されている企業を目指す場合はもちろんですが、OfferBoxにはそれ以外にも数千社が参加しています。

スカウト型の就活サービスでは最大手ですので、利用しないのは正直もったいないです。

OfferBoxの登録企業データ

OfferBoxには大手、外資、ベンチャーから官公庁まで多数の企業が参加しています。

具体的な登録企業名は非公開になっていますが、一部の企業データは公表されているのでご説明します。

エリア別

  • 関東・甲信越:53%
  • 関西:23%
  • 東海:10%
  • 中国・四国:5%
  • 九州・沖縄:4%
  • 北陸:2%
  • 東北:2%
  • 北海道:1%

エリア別にみると、首都圏エリアに集中しています。

営業所や支店を日本全国に抱えている大企業でも本社は首都圏にあることが原因のひとつです。

従業員数別

  • 100名未満:38%
  • 100~499名:37%
  • 500~999名:10%
  • 1,000名以上:15%

従業員数では500名以下の少数精鋭の企業が半数を占めています。

OfferBoxはミスマッチを少なくするため、学生のプロフィールを丁寧に読んだ後に企業からオファーを出します。

採用人数が多い企業にとっては、非効率な採用スタイルともいえるので、従業員数が多い企業の割合は少なくなっています。

上場区分別

  • 東証一部:10%
  • 東証二部:1%
  • 東証マザーズ:1%
  • ジャスダック:2%
  • その他・非上場:86%

国内には企業は400万社程度あると言われていますが、東証一部の上場企業はたった2,000社で割合にすると0.05%です。

OfferBoxには東証一部の企業が10%も登録されていることは、国内の企業数からみると相当高い割合です。

東証一部には平均年収が高いホワイト企業が多くあるので、利用しないのは正直もったいないです。

業種別

  • 情報通信:22%
  • サービス:15%
  • 卸・小売:11%
  • 建設:11%
  • 電気・機械:6%
  • 化学:5%
  • 教育・医療・福祉:4%
  • 輸送機械:4%
  • 不動産:3%
  • 食品:2%
  • その他:17%

業種別にみると情報通信が比較的多いですが、それ以外はほぼ均等です。

業界や業種に偏りがなく、幅広い企業からオファーをもらえるのもOfferBoxの魅力のひとつと言えます。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はOfferBoxの参加企業一覧をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ESとAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

理系days