小田急電鉄 インターンシップ【ES・面接】対策
スポンサーリンク

小田急電鉄 インターンシップ【ES・面接】対策

小田急電鉄 ES

小田急のインターン選考ステップ情報を知りたい。
面接時間はどれくらいなのかな。

インターンを受ける前にこういった情報を知っていると、他の就活生と差をつけられるはずです。

今回は2018卒の就活生に寄稿してもらった「小田急電鉄インターンシップ」を基に、選考内容や選考倍率をご紹介します。

選考フローはこんな感じです。

  • ES提出
  • 面接+グループディスカッション
  • インターンシップ参加決定
スポンサーリンク
こちらもおすすめです

募集要項

技術系「土木・建築コース」、技術系「電気・機械コース」です。各コースで募集人数は5~10人程度です。

実施期間

2月第1週目の1週間です。

締切

ESの締め切りが12月28日でした。

 Webテスト

インターンシップではWebテストはありませんでした。

 ES

①:研究テーマ・内容について、100字以内でご記入ください。
②:当社インターンシップに参加を希望する理由を、400字以内でご記入ください
③:学生時代に興味を持って取り組んだこと、取り組んでいることについて1つ挙げ、400字以内でご記入ください
④:あなたはどのような人ですか?簡単に一言でお答えください。

 対策

①:大学・大学院の研究内容をわかりやすく表現するのが重要です。「研究背景+自分の取り組み」くらいで100文字になるはずです。

②:志望動機です。「会社のホームページを見て〇〇が気になった」とか「自分の過去の経験から小田急電鉄との接点」などを記入できればよいです。

③:学生時代頑張ったことです。400字は標準的なパターンです。この時期にしっかり内容を考えると就活本番で楽ですよ!

④:変化球の設問です。設問の解答はあまり重要とは見られないので、さらっと書いちゃいましょう。

ESは面接時の事前情報になります。ESと面接での会話に違いが出ないように、気を付けてください。

合否について

1月8日にES通過のメールをもらいました。

1次面接

  • グループ面接 人事:学生=1:4で25分
  • グループディスカッション 20分

日程

面接は1月20日で予約はWeb上で行いました。

グループ面接質問

  • 自己紹介をお願いします。
  • 文系出身者にもわかるように、研究内容を教えてください。
  • ESで記入した頑張ったことを教えてください
  • 頑張ったことについて更に詳しく話してください
  • 逆質問はありますか

グループ面接対策

標準的な内容でした。対策方法はグループ面接を突破するためのコツと対策とは?を見てください。

今回のグループ面接は人事が1人だったので、その人から高評価をもらえるようにアピールしました。

グループディスカッション

お題は「義務教育が9年間であることに賛成、反対?」

4人のグループで20分かけて行いました。結論の発表はなく、ディスカッション中の態度・貢献具合を人事が判断していました。

合否連絡

面接終了の翌日にインターン合格の電話連絡をもらいました。

鉄道業界の志望者必見!完成度の高いESを無料配布中!

「鉄道業界に入りたい」
「JR・私鉄の違いを知りたい」

難関な鉄道業界を志望する就活生にぴったりな「就活ツール」があるって知っていますか。

「JR東日本」「JR東海」「小田急電鉄」「東京メトロ」といった超優良企業を目指す就活生は必見です。

ライバル企業の情報収集をすることも大切ですよ。
ESや面接において「なぜ、〇〇会社ではなく当社なのか?」といった志望動機の完成度を高められます!

中身はこちら!

  • そもそもどんな業界なのか
  • 各社の決算の推移
  • 業界をよく知るためのトピックス
  • ESや面接対策のコツ
  • 各社の得意分野

就活生に役立つ情報が盛りだくさんです。
登録はもちろん無料で、登録時間も1分程度。

タダで使えるのに、利用しないなんて絶対に損です!

超人気企業 約1,000社のES・選考体験談をタダでみるには?

学生が優良企業から内定をもらうには事前準備が大切です。

とくに、「志望企業の選考情報」は知っているかどうかで差がつくポイント。

  • インターン枠の有無
  • Webテストの種類
  • 面接の回数
  • 内定者の回答例

企業別の選考情報をラクに入手する方法があるって知っていますか。

「Unistyle」に登録すると、超人気企業 約1,000社のES・選考体験談をタダで閲覧できます!

登録はもちろん無料。月間60万人が利用する就活サービスなので、使わない学生は情報量で負けてしまいますよ!

まとめ

小田急電鉄は採用人数も非常に少ないです。

興味のある学生は是非インターンシップに参加して、他の学生と差をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る