就活情報

OB訪問『給料』『年収』:聞きにくい質問は比較で答えを引き出す!

OB訪問で聞きにくい質問があるんだけど…
年収って聞いてもいいのかな…

就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はOB訪問をするときの質問方法をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

OB訪問の流れ

まずはOB訪問をするときの大まかな流れをご説明します。

大きな話の後に小さな話を聞く

OB訪問では、最初に自己紹介、入社後の配属先、仕事内容、異動先、などの経歴をざっくりと話してもらいます。

すると、大枠をイメージすることができるので『この部門についての話を聞きたい』といった要望が出てくると思います。

事前に質問リストを作成して聞きたいことを絞ることも大切です。

ですが、リアルな声を聞けるOB訪問だからこそ、自分では想像できなかった内容を社員が話した深く聞くことも重要になります。

OB訪問を選考中に?最終面接前はいつまでに質問リスト?電話は?
...

聞きにくい質問は何かと比較する

OB訪問では知りたい情報だけど聞きにくい質問もあると思います。

たとえば、年収や有給取得日数など、オープンになっていない情報が該当します。

そんなときは、何かと比較する方法で質問するのがおすすめです。

大雑把に『年収はいくらですか?』と聞くよりも、『同じ業界のA社、B社、C社と比較するとどうですか』とか、『有給取得率が70%と説明があったのですが、所属部署ではどれくらいですか』という風に聞いてみて下さい。

何かと比較しながら質問することで具体的な回答を得られます。

漫然とした疑問は分解してから質問する

質問するときには漠然とした内容ではなく詳細を聞くようにしましょう。

たとえば、『仕事は大変ですか』と質問しても『大変』の感じ方は人それぞれです。

もう少し質問内容を分解することが大切になります。

『仕事の大変さ』とは、こんな要素に分けられると思います。

  • 目標達成の難易度
  • 労働時間の長さ
  • 責任範囲の広さ
  • 給料の低さ

質問するときには自分が何を聞きたいかを把握した上で詳細な質問をするように心がけて下さい。

どんな点を知りたいかが明確になっていない質問では、客観的な情報を得られずに社員の主観が入った薄い情報になってしまいます。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はOB訪問での質問の仕方をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ESとAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

理系days