Webテスト

『nsvs1.e-exams4』『nsvs2.e-exams4』Webテストの見分け方!

https //nsvs3.e-exams4から始まる適性試験って何だろう…
nsvs2.e-exams4は80分or60分のテストなの…
nsvs2.e-exams4の監視型はあるのかな…

就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

Webテストの見分け方で簡単なのはURLを確認する方法です。

今回は『nsvs1.e-exams4』『nsvs2.e-exams4』『nsvs2.e-exams4』のウェブテストの見分け方、おすすめの対策方法をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

『nsvs1.e-exams4』『nsvs2.e-exams4』『nsvs2.e-exams4』のWebテストは?

結論から言いますと、以下のURLが試験案内で表示されたら、Webテストは玉手箱 or WEB-CABになります。

  • https://web1.e-exams.jp/
  • https://web2.e-exams.jp/
  • https://web3.e-exams.jp/
  • https://tsvs1.e-exams2.jp/
  • https://tsvs2.e-exams2.jp/
  • https://tsvs3.e-exams2.jp/
  • http://nsvs1.e-exams4.jp/
  • http://nsvs2.e-exams4.jp/
  • http://nsvs3.e-exams4.jp/

玉手箱とWeb-CABの違いとは?

玉手箱、Web-CABの両方とも日本エス・エイチ・エル(SHL)社が作成しています。

試験方法はウェブ形式での受験になります。

Web-CABはSEやプログラマー等のコンピューター職での実施が多いテストです。

玉手箱とWeb-CABは試験時間・出題科目で確認

玉手箱の出題科目は『計数』『言語』『英語』『性格』の4種類です。

一方、Web-CABの出題科目は『能力検査』『性格検査』の2種類です。

試験案内のURLだけでは玉手箱とWeb-CABの判別はできませんが、出題科目を確認すれば特定することができます。

玉手箱の出題問題の見分け方

まずは玉手箱の出題問題と試験時間をご紹介します。

計数

  • 9分50問:四則演算
  • 15分29問:図表の読み取り
  • 20分20問:表の空欄の推測
  • 35分35問:表の空欄の推測
  • 35分49問:図表の読み取り

回答時間と問題数の情報があれば出題分野を把握することができます。

ただし、制限時間35分のときは『表の空欄の推測』『図表の読み取り』の2パターンあるので注意が必要です。

言語

  • 10分32問:趣旨判定(IMAGE形式)
  • 12分10問:趣旨判定
  • 15分32問:論理的読解(GAB形式)
  • 25分36問:論理的読解(GAB形式)

英語

英語に関しては2パターンあります。

  • 10分24問:論理的読解(GAB形式)
  • 10分24問:長文読解(IMAGE形式)

ただし、両方とも制限時間と出題数が同じであるため区別できません。

性格

性格に関しては2パターンあります。

  • 20分68問:本格版
  • 時間なし30問:簡易版

Web-CABの出題問題の見分け方

次に、Web-CABの出題問題と試験時間についてです。

能力

コンピューター職向けの適性テストになるため、法則性や暗号系の問題が多いです。

  • 9分50問:四則演算
  • 12分30問:法則性
  • 15分36問:命令表
  • 16分30問:暗号

玉手箱同様に、回答時間と問題数から出題分野を予想できます。

性格

性格に関しては1パターンだけです。

  • 20分68問:性格

玉手箱専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしで玉手箱に類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は『nsvs1.e-exams4』『nsvs2.e-exams4』『nsvs3.e-exams4』で出題されるWebテストをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days