海外WiFiは複数台レンタルする必要ある?同行者も接続できるのか?
スポンサーリンク

海外WiFiは複数台レンタルする必要ある?同行者も接続できるのか?

海外wifi 複数台

海外渡航時のインターネット接続には「ポケットWiFi」が便利ですよ。「利用料金が安い」「申し込みの手続きが簡単」「空港での受取・返却が可能」がメリットです。

今回は「海外WiFi1台で何台まで接続できるのか?」「複数台接続のメリットとデメリット」を紹介します。

スポンサーリンク

海外WiFi1台で5台のスマホ・PCを接続できる!

本サイトで紹介する「Global WiFi」「イモトのWiFi」「Wi-Ho」「エクスモバイル」では、1台の海外WiFiに同時に5台の電子機器を接続できます。団体旅行やグループ旅行の場合、5人までは1台のレンタルで対応可能になります。

1台の海外WiFiで複数台のスマホ・PCに接続するメリット

最大で5台のスマホ・PC・タブレットが接続可能な海外WiFiですが、複数台接続した時にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

海外WiFiの管理が楽

レンタルする海外WiFiが1台なので、「申し込み手続き」「受取・返却」の作業が楽になります。同じ会社から複数台を借りると、充電器や変換プラグが混ざらないように注意しなければいけないので、結構大変ですよ。

レンタル料金が安くて済む

複数人で1台のWiFiをシェアするので、1人当たりの利用料金がとても安くなります。海外WiFiレンタルサービスでは、「1台当たりの料金」に応じて請求金額が決まります。

例えば、5人で1台の海外WiFiをレンタルした場合、1人当たりの料金は200円~400円/日(国・プランに応じて)で済みます!

1台の海外WiFiで複数台のスマホ・PCに接続するデメリット

一方、複数人で1台のレンタル機器を利用するデメリットもあります。

グループメンバーが常に一緒にいる必要がある

ポケットWiFiの電波は、レンタル機器の周囲数mまでしか対応していません。なので、WiFiに接続するためには、グループ全員が一緒に行動する必要があります。

外国滞在時での渡航先が異なる場合は、出国前に複数台の海外WiFiをレンタルした方がよいと思います。

速度制限が気になってしまう

Line、Google map、Googleなどのアプリでさえ、複数台のスマホで使うと、ある程度の通信量になります。ネット接続が必要な海外渡航時に、「速度制限」「通信不可」の状態にならないためにも、1台の海外をシェアするときには注意が必要です。

レンタル会社ごとの通信量制限、容量オーバー時の対応はこちらにまとめてあります。

機器の故障、紛失時のリスクが大きい

一般的な使用に関しては、レンタル機器が故障することはほとんどありません。ただ、仮に外国滞在時にポケットWiFiが故障・紛失してしまった場合に、1台だけしかレンタルしていないと少しリスクが大きいかもしれません。

まとめ

「海外WiFiは複数台で接続できるのか」「1台のレンタルで複数のスマホを接続した時のメリット・デメリット」を紹介させていただきました。いかがだったでしょうか。

「良い点」と「悪い点」を理解した上で、海外WiFiを使用してみてください。本サイトでは、初めて海外WiFiを使用する方でも「簡単に」「安く」レンタルできる「Global WiFi」をおすすめしています。

≫ Global WiFi:受取手数料無料+5%割引の特別価格はこちら

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る