新社会人必見!貯金額アップのために学ぶべき「マネーリテラシー」とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新社会人 貯金内定者向け

貯金はどれくらいすればいいのかな…
お金の増やし方を知りたい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は貯金アップに必要なマネーリテラシーを高める方法をご説明します。

スポンサーリンク

マネーリテラシーとは?

Money(お金)+Literacy(能力、知識)を組み合わせたのが「マネーリテラシー」です。

辞書的な意味では金融リテラシーと同義です。

金融リテラシー:金融商品やサービスの選択、生活設計などで適切に判断するために、最低限身につけるべき金融や経済についての知識と判断力。

出典:https://kotobank.jp/word/金融リテラシー-897376

社会人1年目からマネーリテラシーを身に付けることで、「賢くお金を使い、貯めること」ができます。

なぜ貯金が苦手なのか

毎月節約しているのに貯金できない…
気づいたら財布の中身が空っぽ…

どうして上手に貯金ができないのでしょうか。理由を3つ考えてみました。

記録を取っていない

給料は知っているけど、自分の支出は把握していない方も多いと多いと思います。

特に、家計簿記入はめんどくさく途中で挫折経験しやすいので注意です。

長期的な目標がない

お金の管理に関するモチベーションが続かないこともよくあります。

最近ではスマホでの記録やレシートを読み込めるアプリがあることを知っていますか。手軽に行える家計簿管理は長続きするオススメの方法です。

他にも「30歳までに〇万貯金」「毎年△万貯金」「毎月×万貯金」といった長期の目標を持つとモチベーションが長続きします。

管理のための必要知識がない

貯金できないのは「管理に必要な知識=マネーリテラシーがないこと」も理由のひとつです。

  • 給料からの天引き貯金
  • 家賃は給料の〇割程度
  • ふるさと納税による節税
  • お金の増やし方

など、知っているだけで簡単にお金を貯める方法がたくさんあります。

ただし、学校ではこのような知識は教えてくれません。

給料をもらう方法は習いますが、もらった「お金の扱い方」は習いません。

自分のお金を守るためにも、新社会人はまず「マネーリテラシー」を身に付けるべきです。

マネーリテラシーを学ぶには「お金の教養講座」がおすすめ!

マネーリテラシーを効率的に学ぶためには、人から直接教えてもらう方法がおすすめです。

しかし、お金に関する話をするのはタブーという風潮があるのも事実です。

そんなときにはおすすめできるのが「お金の教養講座 」です。

「お金の教養講座」のおすすめポイント

お金の教養講座ってなんだろう…こんな疑問を持つ方もいると思います。

お金の教養講座 」を運営している日本ファイナンシャルアカデミー株式会社は日本で唯一の独立系マネースクールです。

金融機関とは切り離された独立系の会社なので、株や債券などの金融商品を売りつけられる心配はありません。

「お金の教養講座」のおすすめポイントを2つご説明します。

  • 受講料がタダ
  • 短期間で集中的にマネーリテラシーを学べる

受講料がタダ

お金の教養講座の受講料は全て無料です。

身に付くマネーリテラシーとしては、

  • 毎日・毎月の簡単な家計管理の方法
  • 将来に備えたお金の準備
  • 収入を増やすために必要な自己投資方法
  • 資産運用を始める心構え

が中心です。

お金に関して何から学べばよいのかわからない…と感じている方にはおすすめの内容です。

講座に参加することで以下の書籍プレゼントもあります。

短期間で集中的にマネーリテラシーを学べる

参加無料の「お金の教養講座」には2つのプランがあります。

  • 一気に深く学ぶ:「お金の教養講座Plus」4時間
  • 短時間で学ぶ:「お金の教養講座Basic」1.5時間

「お金の教養講座Basic」は要点だけの解説なので、忙しい方向けの講座です。

2回目以降の参加は受講料2,000円がかかるので、時間に制約が無ければ「お金の教養講座Plus」に参加するのがおすすめです。

無料でここまでのサービスを受けられるのに、参加しないのは正直もったいないです。

まとめ

今回は貯金アップにもつながるマネーリテラシーの身に付け方をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです

学生時代に使い倒したいサービス!

最後に、学生時代だからこそ利用できるサービスをご紹介します。

Prime studentで送料無料

Amazon Primeと同じサービスを学生価格で受けられるのがPrime studentです。

正規会員と比較すると、Student会員の年会費は約半額です。

  • Amazon prime:年会費4,900円
  • Prime student:年会費2,480円

会員特典は『Amazon Musicで音楽を聞けること』『Kindleを特別価格で買えること』など、いろいろあります。

特に学生におすすめのサービスは、以下の2つです。

  • 全ての書籍が10%ポイント還元
  • お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題

急に参考書が欲しいときに、お急ぎ便が送料無料で何度も利用できるのは相当助かります。

無料体験実施中!

実際にどんな制度なのかを体験してもらうために、Prime studentでは半年間の無料体験を実施しています。

無料体験の流れとしては、まず会員登録をしてもらって、その後の半年間はタダでPrime studentの特典を利用できます。

半年経過以降も継続する場合は、その時点で年会費を支払います。

もちろん無料体験後に退会するときにはお金は必要ありません。

会員登録するか悩んでいる学生は、無料体験を行ってから再度続けるかを決めても遅くないですよ。

学生だけの特権なのだから、使い倒しちゃってください!

TOEIC対策にはスタディサプリ

学生時代にTOEICで語学力をアップさせるのも大切です。

実は英語が苦手な人でも事前対策をしっかり行えば、TOEICでは高得点を取れます。

短期間の受験勉強用には『スタディサプリ』がおすすめです。

1日あたりたったの83円でTOEIC対策、英会話練習を行うことができます。

しかも今なら期間限定で7日間の無料体験を行っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
内定者向け
理系days