Webテスト

eF-1G:マジカルバナナ連想、代わりになるもの(サングラス)は?

マジカルバナナが適性検査で出題されるの…
サングラスに代わるものはWebテストで出るの…

eF-1Gの連想問題はどう解くのかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はeF-1G対策として能力検査のマジカルバナナ問題をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

eF-1Gの連想問題とは?

結論から言いますと、eF-1G能力検査の連想問題を初見で解くのは正直大変です。

このため、事前にどんな問題が出題されるかの情報を集めて対策を考えておきましょう。

連想問題としては以下2種類があります。

  • マジカルバナナ
  • 代わりになるもの

それぞれ詳細をご説明します。

eF-1G合格ライン:解答集や正答率の答え、適性検査の企業対策は?
正答率が低く、難易度トップクラスのWebテストがeF-1Gです。過去には博報堂・富士フイルム・JTBといった就活人気企業でも出題の実績があります。今回は短時間でeF-1Gの点数がアップできるような対策方法、練習企業をご紹介します。

連想問題:マジカルバナナ

つながる単語を連想させる問題(通称、マジカルバナナ問題)が出題されます。

4つの単語の最初と最後が示されるので、2番目と3番目に連想される単語を回答します。

バナナ⇒()⇒()⇒すっぱい

上記の例では、『バナナ⇒(黄色い)⇒(レモン)⇒すっぱい』という感じです。

マジカルバナナ問題は120秒で10問出題されるので素早い回答が求められます。

また、最初の単語は全て同じなのがこの問題の大きな特徴です。

1問目:バナナ⇒(  )⇒(  )⇒すっぱい

2問目:バナナ⇒(  )⇒(  )⇒りんご

3問目:バナナ⇒(  )⇒(  )⇒車

このような形式で出題されます。

1問目で『バナナ』を確認したら、『バナナ』から連想できる単語を頭に浮かべるようにしましょう。

そうすれば、2問目以降もすぐに単語のアイディアを出せるはずです。

適性検査eF-1Gができなかった…ボロボロで落ちた?
eF-1Gができなかったんだけど...ボロボロでも通過できるかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はeF-1Gができなくても選考には通過できるという情報をご紹介します。eF-1Gは足切りに過ぎない結論から言いますと、e

連想問題:代わりになるもの

連想問題では、『〇〇の代わりになるもの』を複数答えるという問題も出題されます。

『ヘルメット』に代わるものを複数答えよ
『サングラス』に代わるものを複数答えよ
『メモ』に代わるものを複数答えよ
『手帳』に代わるものを複数答えよ
『パスポート』に代わるものを複数答えよ
『机』に代わるものを複数答えよ
『スマホ』に代わるものを複数答えよ
『紙』に代わるものを複数答えよ

回答方式は欄が無数に用意されているので、ボックスの中に1つずつ答えを入力します。

そのときに大切なのが、

  • 用途を分解して考える
  • 文字入力スピードを速くする

の2つです。

ヘルメットの用途としては、『頭にかぶるもの、堅いもの、日差しを避けるもの、反射板がついているもの』等が考えられます。

あとは、発想力を活かして同じ使い方ができるものを複数回答しましょう。

『バンダナ、帽子、サンバイザー、反射ベスト、水泳キャップ』などが回答例です。

回答時間は120秒しかないので、文字入力スピードを速くするのも高得点のためには必要になります。

また、代わりになるものは8個以上出せれば高評価につながるといえます。

このタイプの問題はeF-1Gの中で1題しか出ないので、チャンスは1度限りということも注意してください。

eF-1G問題集や過去問:模擬テスト,対策本,練習例題は?
eF-1Gのおすすめ参考書を知りたい...対策本はどれがいいのかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はeF-1G受験前の対策方法をご紹介します。eF-1Gとは?eF-1Gはイーファルコン製のWebテストで、近年実施企業

eF-1G専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしでeF-1Gに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はeF-1Gの連想問題を2つご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ES提出とAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

理系days