Webテストにログインできない!パスワードを忘れたら?

Webテスト

Webテストにログインできない…
パスワードを忘れたけど大丈夫かな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はWebテストにログインできないときの対策方法をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

Webテストにログインできない原因

Webテストにログインできないときに確認するべき項目を3つご説明します。

  • ログインIDが間違っている
  • 受験期間を過ぎている
  • PC環境が合っていない

ログインID・パスワードが間違っている

案内されたID、パスワードの入力ミスでログインできないことが多いです。

半角英数字のみ正しく認識されるので、全角モードでの入力はNGになります。

また、キーボード側の『CapsLock』がオンになっていないかも再確認してみてください。

手入力はミスが出るのでコピー(Ctrl+C)と貼り付け(Ctrl+V)て入力しましょう。

受験期間を過ぎている

Webテストには受験期間が決められています。

受験期限は案内から1週間程度に定められていることが多いです。

Webテストを受けるときには期限内に手続きしないと、ログインすらできなくなってしまいます。

Webテスト適性検査の締切を過ぎた…再受験のメール例文は?
Webテスト受験の期限が過ぎてしまった...適性検査を受け忘れて間に合わなかった...SPIやWebテスト再受験のメール例文を知りたい...エラーが出たので締切に間に合わなかった...こんな失敗をした方もいるのではないでしょうか。今回は就活

PC環境が合っていない

使用しているPCが受験環境に合っていないこともログインできない理由のひとつです。

ブラウザや解像度、OS設定などを見直してみて下さい。

WebテストのSPI解像度NGは画面見切れる?推奨環境外は下が見えない?
SPIテストセンター画面の解像度がngでokにならない...ディスプレイ解像度1366×768はあり...SPI適性検査の解像度が1024×800以上ないんだけど...全画面表示で拡大設定したほうがいいの...こんな疑問を持つ方もいるのでは

テストセンターは2種類のIDに注意

テストセンター画面にログインするときには2つのID入力が求められます。

  • 企業別受験ID
  • テストセンターID

各企業から案内されるのが『企業別受験ID』。

テストセンターを利用するときの個人に付与されるのが『テストセンターID』。

前回結果の送信をするときには『テストセンターID』が必要になります。

ログイン画面ではどちらのIDが求められているかを確認してみてください。

テストセンター専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『キャリアチケットスカウト』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしでテストセンターに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はWebテストにログインできないときの対処法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしても選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記2つから気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

例えば、1番人気のサイトだけ登録する場合は『キャリアチケットスカウト』だけを利用。

『無料だから両方使いたい』という人は、2つとも利用するなど使い方は自由です。

キャリア軸に特化した性格診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットがおすすめです。

適性検査を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、性格検査の練習としても有効です。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで性格検査の練習

性格検査の練習にはdodaキャンパスがおすすめです。

会員限定コンテンツとしてベネッセ独自の適性検査GPSを無料受験できます。

23の設問に答えるだけで、

  • レジリエンス
  • リーダーシップ
  • コラボレーション

の3つの特徴が分かるので自己分析にも活かせるし、性格検査の練習として使えます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

Webテスト
理系days