卒論・修論の脚注の書き方:参考文献との違いは?記号の具体例を紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
修論

卒論の脚注ってどう書けばいいのかな…
参考文献と脚注の違いを知りたい…

学生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は卒論・修論を作成するときに必要な脚注の書き方をご紹介します。

スポンサーリンク

卒論・修論の脚注とは?

脚注とは他者の言葉を引用したときに使用します。

卒論・修論では自分の調査だけでなく、過去の研究結果を用いることもあると思います。

そんなときは脚注を示して引用してください。

もちろん、一般的な普遍の事実であれば脚注は不要です。

Wordでの脚注の書き方

Wordでの脚注の作成方法をご説明します。

脚注の記載場所によって2パターンの書き方があります。

  • 文末に作成
  • ページ下部の欄外に作成

どちらでも問題ありませんが、論文誌では『ページ下部の欄外』に作成することが多いです。

文末に作成

まずは文末に脚注を作成する方法をご説明します。

① Word本文で引用箇所にカーソルを合わせます。

② Word上部のタブで『参考資料』をクリックします。脚注には2種類ありますが、今回は『文末脚注の挿入』を選びます。

③ 文末に脚注が挿入されます。タイトル、著者名、論文誌など、脚注リストへの記載情報は適切に修正してください。

ページ下部の欄外に作成

次にページ下部の欄外での作成方法をご説明します。

① 『文末での脚注作成』と同様に、Word本文で引用箇所にカーソルを合わせます。

② Word上部のタブで『参考資料』をクリックします。ページ下部に作成するときには『脚注の挿入』を選びます。

③ ページ下部の欄外に脚注が挿入されます。

脚注と参考文献リストとの違い

脚注と参考文献って違うの…と思う方もいるのではないでしょうか。

結論としては脚注に文献情報を記載していれば参考文献リストは不要になります。

というのも、脚注では記載情報が統一されていないことが多いからです。

脚注を文末に作成するとスペースが狭いため文献情報を載せていないこともあります。

著者や出版年、タイトルが載っていなければ出典元としては不完全です。

脚注を簡略化して載せる場合は、改めて参考文献リストを論文末尾に作成してください。

卒論・修論の参考文献の書き方は?インターネットの引用方法・具体例を紹介!
...

脚注の記号(マーク)とは?

脚注リストを作成するときに使用されるマークをご説明します。

  • 1(数字)
  • ⅰ(数字)
  • *(アスタリスク)
  • †(オベリスク)
  • §(節記号)
  • ¶(段落記号)

この辺りの記号の使用頻度が多いです。

また、ゼミや研究室ごとに脚注のマークが決まっているかもしれないので、事前に調べてみて下さい。

まとめ

今回は論文作成時の脚注の書き方をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
修論
理系days