高専

高専の研究生とは?編入失敗で浪人、学費はどれくらい?

高専の研究生ってどんな感じなのかな…
編入失敗で浪人はやばいの…
研究生の学費について知りたい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は高専の研究生や浪人についての情報をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

高専の研究生とは?

研究生とは高専を卒業した後も研究室に籍を置く制度のことです。

主な特徴としてはこんな感じです。

  • 高専の授業は一切なし
  • 留年や浪人とは違う
  • 学費は発生する
  • 高専の学割は使えない
  • 奨学金制度は適用されない

また、高専の研究生は編入や就活に失敗した場合の進路として利用されやすいです。

というのも、履歴書には空欄が残らずに経歴として不利にならないからです。

編入失敗で研究生はあり?

編入試験の失敗で研究生の選択肢は大いにありです。

むしろ研究生の多くは編入失敗が原因で研究生になっています。

試験前は教員の指導を受け、試験後も研究を続けていれば編入試験にはプラスに働きます。

研究生と浪人生の違い

研究生と浪人生の違いは高専に籍を置いているかです。

研究生は高専や研究室に出入りできるので、周囲との関わりは十分にあります。

一方、浪人生は編入や就活を目指しますが、どの組織にも所属しません。

浪人すると周囲との関係が途絶えるので、情報が入手しづらかったり、メンタル的につらくなりやすいです。

高専の研究生の学費はどれくらい?

高専によっても多少変わりますが、学費は約月1万円です。

そのほかには入学金として数万円が必要になります。

SPI専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は高専の研究生についての情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

編入試験対策で使い倒したいサービス!

情報収集や問題演習など、編入試験の準備って想像以上に忙しいです。

試験直前でも全然勉強が終わっていない...という状態では正直、合格は難しいです。

そうならないためにも、編入試験対策に役立つおすすめのサービスをまとめました。

Prime studentで送料無料

Amazon Primeと同じサービスを学生価格で受けられるのがPrime studentです。

正規会員と比較すると、Student会員の年会費は約半額です。

  • Amazon prime:年会費4,900円
  • Prime student:年会費2,480円

会員特典は『Amazon Musicで音楽を聞けること』『Kindleを特別価格で買えること』など、いろいろあります。

特に受験生におすすめのサービスは、以下の2つです。

  • 全ての書籍が10%ポイント還元
  • お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題

急に参考書が欲しいときに、お急ぎ便が送料無料で何度も利用できるのは相当助かります。

無料体験実施中!

実際にどんな制度なのかを体験してもらうために、Prime studentでは半年間の無料体験を実施しています。

無料体験の流れとしては、まず会員登録をしてもらって、その後の半年間はタダでPrime studentの特典を利用できます。

半年経過以降も継続する場合は、その時点で年会費を支払います。

もちろん無料体験後に退会するときにはお金は必要ありません。

会員登録するか悩んでいる学生は、無料体験を行ってから再度続けるかを決めても遅くないですよ。

学生だけの特権なのだから、使い倒しちゃってください!

TOEIC対策にはスタディサプリ

編入試験合格のためにはTOEICで他の受験生と差を付けるのが大切です。

実は英語が苦手な人でも事前対策をしっかり行えば、TOEICでは高得点を取れます。

短期間の受験勉強用には『スタディサプリ』がおすすめです。

1日あたりたったの83円でTOEIC対策、英会話練習を行うことができます。

しかも今なら期間限定で7日間の無料体験を行っています。

 
理系days