高専

編入試験(数学)対策のおすすめ参考書・問題集15冊を紹介!

編入試験のおすすめ参考書を知りたい…
数学の問題集は何を使えばいいのかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は大学編入試験で使えるおすすめの数学参考書をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

数学のおすすめ参考書・問題集4冊

まずは編入数学の総合問題集を4冊ご紹介します。

編入数学徹底研究

編入試験の数学参考書としては一番おすすめです。

地方国立大学から旧帝大まで難易度を問わずに、全受験生向けの参考書といえます。

解説が丁寧に書かれているので高専数学の総復習にも利用できます。

これだけメリットがあるので編入数学を勉強するときには買って損はない一冊です。

ただし、問題演習量は不足しているので同じ著者の『編入数学過去問特訓』でカバーしてください。

編入数学過去問特訓

『編入数学徹底研究』と同じ著者の編入試験の過去問集です。

この1冊をマスターできればどの大学の編入数学でも対応できるようになります。

本書のおすすめポイントはこちらです。

  • 過去問の解答探しに利用可能
  • 演習問題の確保
  • 苦手分野の克服

本書は過去問で構成されているため編入数学の難易度を体感できます。

問題には出題された大学名が記載されているので、志望大学の過去問解答を探すのにも役立ちます。

また、問題の難易度はABCの3段階に分けられています。

目安としては旧帝大以上であればBレベルまでは確実に理解できるようにしてください。 

大学編入試験問題 数学/徹底演習

演習量を確保したいときにおすすめできる問題集です。

『編入数学過去問特訓』よりは難易度が落ちますが、演習問題は多数収録されています。

編入数学では網羅している問題集が少ない以下の分野の演習用にも利用できます。

  • 複素解析
  • ベクトル解析
  • フーリエ変換
  • ラプラス変換

大学編入のための数学問題集

編入数学の問題集としては定番の一冊です。

おすすめポイントは解説が充実しているので、数学が苦手な人でも取り組みやすいことです。

全単元の問題がABCの難易度に分かれているので、苦手分野に特化した演習本としても役立ちます。

分野別のおすすめ参考書・問題集11冊

ここからは数学の分野別におすすめの参考書、問題集をご紹介します。

編入数学の頻出分野はこちらです。

  • 微分積分
  • 線形代数
  • 確率・統計学
  • 複素関数

全分野を揃える必要はありませんが、苦手分野や頻出分野を踏まえて取り組んでください。

微分積分

微分積分キャンパス・ゼミ

分野別対策におすすめなのがマセマシリーズの参考書です。

おすすめポイントはこちらです。

  • 価格が安い
  • レイアウトが見やすい
  • 出版年度が新しい

1冊あたり2,000円前後で購入可能なのにカラー印刷で取り組みやすい本です。

編入数学の参考書として買って損はない一冊です。

ただし、問題数は多くないので演習用の問題集は別に用意してください。

大学・高専生のための解法演習 微分積分

微分積分の問題集としては一番おすすめです。

本書は(Ⅰ)(Ⅱ)の2冊構成ですが、両方取り組むことで微分積分の全範囲をカバーできます。

  • (Ⅰ):極限、微分積分、曲線
  • (Ⅱ):偏微分、重積分、微分方程式

解説が充実しているので、高専生の編入試験対策としてはぴったりの問題集です。

また、本書の冒頭には頻出の公式がまとめられているので暗記用としても利用可能です。

明解演習 微分積分

微分積分の問題演習をしたいときに取り組む一冊です。

『大学・高専生のための解法演習 微分積分』の次におすすめの問題集といえます。

ただし、本書には編入数学では出題されない問題も載っているので注意してください。

全ての問題を解くのではなく、苦手分野克服や頻出分野の重点演習などの目的に応じて使って下さい。

線形代数

線形代数キャンパス・ゼミ

編入数学定番のマセマシリーズは線形代数にもあります。

他分野同様に、初学者でも理解できるように分かりやすく書かれているので1冊目の参考書としておすすめできます。

また、高専によっては線形代数を学習しないこともあるので、ベクトルや行列の基礎を理解するときにも役立ちます。

ベクトル・行列・行列式 徹底演習

ベクトル・行列・行列式を勉強するときには一番おすすめの問題集です。

収録問題数が多いため、問題演習量をこなしたいときに利用してください。

また、『大学編入試験問題 数学/徹底演習』と同じ著者なので編入数学に特化した本といえます。

ただし、基礎的な内容は省略されていることが多いので、マセマシリーズで理解を深めた後に使うのがおすすめです。

明解演習 線形代数

線形代数の問題演習本です。

『ベクトル・行列・行列式 徹底演習』を使った後に、時間的に余裕があれば取り組んで欲しい一冊です。

微分積分の同シリーズ同様に、全問題を解くのではなく、苦手分野や頻出分野を中心に取り組んでください。

確率・統計学

細野真宏の確率が本当によくわかる本

編入数学の確率といえば、本書一択です。

確率が苦手な人でも取り組みやすいように基礎的な内容から書かれています。

解説が充実している反面、ボリュームが多く350ページ以上もあるため1周するのに相当な時間がかかります。

問題を解きながら解法を覚えるというように、工夫しながら取り組むのが大切です。

確率統計キャンパス・ゼミ

編入数学おなじみのマセマシリーズは統計学にもあります。

他の分野同様に、低価格で見やすいレイアウトの参考書なので買って損はありません。

確率統計 (高専テキストシリーズ)

確率統計の分野では数少ない良書です。

高専によっては確率統計の授業がなく、独学で統計を学ばなければいけません。

そんなときにおすすめできるのが本書です。

授業スタイルで構成されており、解説も充実していることから、初学者でも理解しやすいはずです。

複素関数

複素関数キャンパス・ゼミ

複素関数を勉強するときにはマセマシリーズがおすすめです。

本書も他分野同様に低価格で見やすいレイアウトという特徴があります。

複素関数については、出題される大学では毎年頻出ですが出題実績が全く無い大学もあります。

過去問研究を徹底的に行い、複素関数対策に時間を費やすかどうかは事前に検討してください。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は編入数学のおすすめ参考書・問題集をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

編入試験対策で使い倒したいサービス!

情報収集や問題演習など、編入試験の準備って想像以上に忙しいです。

試験直前でも全然勉強が終わっていない...という状態では正直、合格は難しいです。

そうならないためにも、編入試験対策に役立つおすすめのサービスをまとめました。

Prime studentで送料無料

Amazon Primeと同じサービスを学生価格で受けられるのがPrime studentです。

正規会員と比較すると、Student会員の年会費は約半額です。

  • Amazon prime:年会費4,900円
  • Prime student:年会費2,480円

会員特典は『Amazon Musicで音楽を聞けること』『Kindleを特別価格で買えること』など、いろいろあります。

特に受験生におすすめのサービスは、以下の2つです。

  • 全ての書籍が10%ポイント還元
  • お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題

急に参考書が欲しいときに、お急ぎ便が送料無料で何度も利用できるのは相当助かります。

無料体験実施中!

実際にどんな制度なのかを体験してもらうために、Prime studentでは半年間の無料体験を実施しています。

無料体験の流れとしては、まず会員登録をしてもらって、その後の半年間はタダでPrime studentの特典を利用できます。

半年経過以降も継続する場合は、その時点で年会費を支払います。

もちろん無料体験後に退会するときにはお金は必要ありません。

会員登録するか悩んでいる学生は、無料体験を行ってから再度続けるかを決めても遅くないですよ。

学生だけの特権なのだから、使い倒しちゃってください!

TOEIC対策にはスタディサプリ

編入試験合格のためにはTOEICで他の受験生と差を付けるのが大切です。

実は英語が苦手な人でも事前対策をしっかり行えば、TOEICでは高得点を取れます。

短期間の受験勉強用には『スタディサプリ』がおすすめです。

1日あたりたったの83円でTOEIC対策、英会話練習を行うことができます。

しかも今なら期間限定で7日間の無料体験を行っています。

 
理系days