研究がつまらない。研究室に行きたくない。自分には向いていないのか?
スポンサーリンク

研究がつまらない。研究室に行きたくない。自分には向いていないのか?

大学での研究がつまらないな…
卒業したら研究職に就こうかな…

理系学生の中にはこんな悩みがあるのではないでしょうか。

正直なところ研究活動には向き不向きがあります。

ただ、自分の性格は知っていたとしても、実際にやってみないと合っているかなんてわからないですよね。

今回は学部生と院生に分けて研究に向いていないな….と思った時の解決策をご紹介したい思います。

スポンサーリンク

学部生が研究向いてないと思ったときの選択肢

研究職以外での就職先を検討する

理系学部生は卒業研究の時期になると研究室に所属します。

研究活動を実際にやってみて研究向いていないな…と考えたときの就職先の選択肢を3つご紹介します。

  • 公務員
  • 営業職や事務職
  • 生産技術などの非研究分野

公務員であれば技術系採用枠があります。技術系とはいっても、メーカーや研究所で必要とされる高い専門性は求められません。

営業職&事務職に至っては理系の必要性すらありません。

生産技術は理系職ですが研究職とは違って、大学での研究内容と就職先での職務内容との一致は求められません。

業務内容も研究のように未知の分野を手探りで進み続けるというよりは、工場の安定稼働やコスト削減等の比較的イメージを持ちやすい仕事です。

研究職は向いていないと思った時には、別の分野での就職も検討してみてはどうでしょうか。

大学院での研究室を変えてみる

研究が向いていないと思っても、今の研究テーマや研究室の雰囲気があっていないだけかもしれません。

せっかく理系に進学したのだから選択肢の1つとして研究職は残しておきたいですよね。

そんなときは大学院に進学するときの所属研究室を変えてみてはどうでしょうか

新しい環境で研究活動してみると、意外と面白いことに気づくかもしれません。

ただ、大学院から研究テーマを変えると学部時代の蓄積を活かせません。他の学生と比べて修論作成には相当な労力が必要なことは注意してください。

大学院生が研究向いていないと思ったとき 

ここからは大学院生向けに、研究が向いていないな….と思った時の対応策をご紹介します。

研究職以外への道を考える

いざ本格的な研究活動を大学院で始めても、なにか面白くないな…と思うかもしれません。

そんな時は大学院での研究分野とは違った道での就活をしてはどうでしょうか。

理系院生は研究職で働いてこそ進学した意味があると思うかもしれません。ただ、就活時には研究内容に関わらず理系院生の強みは発揮できます。

  • 設計職
  • 生産技術職
  • 開発職

このような分野でも研究活動で培った能力は活かせると思います。

各職種に求められるスキルを見極めたうえで、ご自分の希望する職種を検討してみてください。

大学院を休学してインターンに挑戦する

本当に研究がつらい…
大学院で過ごす2年間が無駄におもう…

ストレスを抱えることが多い大学院生の中には、こんな考えの方もいるのではないでしょうか。

そんな時は大学院を一回休学して長期のインターンシップに参加するのがおすすめです。

閉鎖的な大学院の研究室とはちがって、インターンシップに参加してみると社会で働くことのイメージを持つことできるとおもいます。

長くても2年なので辛抱強く研究して修了する

研究は好きだけれども、研究室の教授や学生と合わないこともあると思います。

そんな時は長くても2年間だから辛抱して研究を進めることが最善策といえそうです。

研究室に限らず仕事をする上では人間関係は重要なポイントです。研究室は合わなかったとしても就職後は環境も変わり、気の合う同僚と研究できるかもしれません。

また、新卒入社後の会社が合わなかったとしても、部署移動や転職活動を通して自分の思うような環境で働ける可能性はあります。

ある程度気に入らない環境だったとしても、多少であれば我慢することも重要ではないでしょうか。

まとめ

今回は学部生&大学院生で「研究がつまらいない」と考えたときの対処法をご紹介しました。

就職活動や大学院進学をで悩んだ時に参考にしてもらえると幸いです。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る