就活情報

就活解禁日を守らない企業とは?広報・選考時期の違いもご紹介!

就活解禁日って守られているのかな…
経団連のルールを守らないと罰則はあるの…

就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は就活での広報活動と選考活動の解禁日に関する情報をご紹介します。

また、過去の選考で解禁日を守らなかった企業もご説明します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

経団連のルールとは?

2017年に経団連が就活に関するルールを変更しました。

変更点は広報活動と選考活動の解禁日です。

広報活動開始は3月1日

広報活動とは企業が就活に関する『説明会』を行うこと。

マイナビやリクナビ等の大規模な合同説明会だけでなく、個別説明会も原則は3月1日以降に開始する決まりです。

とはいっても、実際には広報解禁前のインターンシップを行い、早い時期からの学生への接触が増えています。

選考活動開始は6月1日

就活に関する選考活動の解禁日は6月1日です。

経団連のルール通りだと、6月1日から1次面接が開始するスケジュールです。

ただし、実際にはリクルーター面接や工場見学等で選考が行う企業も多数あります。

解禁日を守るかは企業による

広報活動・選考活動の詳細をご紹介しましたが、解禁日を守るかどうかは企業に依ります。

過去の就活情報をみると、業界によって選考の早さが異なることが分かります。

今回は広報・選考活動の時期を守るかどうかで3パターンをご紹介します。

広報解禁前に広報・選考活動を開始する

外資系企業、大手ベンチャー企業、テレビ業界では、広報活動の3月1日前から選考をスタートします。

これらの会社ではサマーインターンが内定に直結することもあります。

3年生の9月~12月に本選考を開始するタイミングです。

広報解禁は守るが、選考は解禁前に開始する

経団連傘下ではない企業、または経団連に所属しているが解禁日のルールを守らない企業が該当します。

広報解禁日は守るため、3月1日以降に説明会やWebテストが実施されます。

ただし、選考活動の解禁日は無視しているため、面接や内定は6月1日前に開始されます。

最近の就活ではこのスケジュールに該当する企業が多いです。

広報・選考活動ともに解禁を守る

経団連傘下の代表的な企業、または解禁日のルールを守っている企業が該当します。

企業ブランドが高く、経団連のルールを守らないことがデメリットと考える企業です。

創業年度が古い日系大企業が当てはまります。

これらの企業では広報解禁日の3月1日以降にWebテスト・テストセンターを行い、選考解禁日の6月1日以降に面接を行います。

Webテスト・テストセンターは3月1日以降に

経団連のルール上ではWebテストやテストセンターは広報活動とみなされます。

自宅や専用会場で受験可能なテストは全て3月1日以降にスタートします。

広報解禁の時期になると、テストセンターは予約が取れない程、混雑しています。

事前に対策を行い、インターン時期でベストスコアを取るのがおすすめです。

SPI・テストセンター・Webテスト対策はいつから?勉強期間、必要時間は?
...

ペーパーテストは6月1日以降に

会社に出向くことが必要なペーパーテストは選考活動とみなされるため、6月1日以降に実施されます。

とはいっても、最近の就活は短期決戦であるため、6月1日からペーパーテストを始める企業はほとんどありません。

数年前はペーパーテストを行っていた企業も、Webテストやテストセンターに切り替えることが多くなっています。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は就活解禁日に関する情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ES提出とAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

理系days