IT業界のおすすめ職種とは?開発の流れと業務領域をご紹介!

スポンサーリンク
理系就活

IT業界の職種を知りたい…
どんな仕事があるんだろう…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は就活生向けにIT業界のおすすめ職種をご紹介していきます。

スポンサーリンク

IT業界の特徴

他業界と違うIT業界の特徴はこちらです。

  • スピード感がある
  • 手に職が付く
  • 若いうちでも裁量がある

IT業界では次々に新しい製品や技術が開発されます。

現状を維持することも大切ですが、常に新しいものにチャレンジする意識が求められます。

プログラミングや開発力は企業に依存しないため手に職を付けたい人にも向いています。

IT業界の業務領域とは

ここからはIT業界の仕事の流れをご説明します。

主な領域は5つに分けられます。

  • 企画
  • 要件定義
  • 設計
  • 開発・テスト
  • 運用・保守

まずは、企画を行い経営や営業の方針を踏まえたシステムの全体像を検討します。

つぎに、要件定義にて情報システムが備えるべき機能や性能を決めます。

設計では要件定義に沿って、コンピューターとネットワークの構成を決め、プログラミングの中身を設計します。

その後、プログラミングを開発し、仕様通りに動くかをテストします。

運用・補修宇フェーズでは改良や補修をしながらシステムの安定動作を維持します。

情報工学科/システム工学科の勝ち組のおすすめ就職先:人気企業をご紹介!
情報工学科の学生ってどんな企業に就職するの...システム工学科の就職先を知りたい...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。世間的にもAIやビックデータの活用が期待されているため、情報工学専攻の学生は簡単に就職先が決まります。今回は

IT業界の人材に求められる能力

IT業界が求める人物像は『コミュニケーション力』『論理的思考力』が高いことです。

プログラミングを書く場合でも、ひとりで作業するだけでなく、チームとしての連携が大切になります。

また、自ら学び続ける能力も重要です。

常に新しい技術が出るIT業界では最新の動向を把握するためにアンテナを高くすることが必要です。

IT業界で働くためにプログラミングは必須か

ITの仕事=プログラミングというわけでもありません。

先程ご紹介した仕事の流れにおいても、プログラミングが必要なのは主に開発工程です。

上流のIT戦略の企画から携わるITコンサルタントや運用段階で顧客対応を行うサポートエンジニアなど、プログラミングが主ではない職種もあります。

とはいえ、IT業界で働く上ではプログラミングやシステムに関する知識があれば、活かせる場面も多くなります。

就活でプログラミングスキルをアピールする方法とは?経験者必見!
...

IT業界の7つの業態

ここからはIT業界で働くときの7つの業態をご説明します。

  • ITコンサルティングファーム
  • システムインテグレーター
  • ハードウェアメーカー
  • ソフトウェアメーカー
  • 開発・テスト請負企業
  • Webサービス企業
  • 情報システム企業

ITコンサルティングファーム

IT業界の業務領域では企画と要件定義を担当します。

顧客の経営課題に対して、どのような情報システムを導入するべきかをコンサルティングし、経営レベルで必要なIT戦略を企画・立案します。

主な職種としては、ITコンサルティング、ITアーキテクトなどがあります。

システムインテグレーター

顧客の要望に応じてシステムの企画から設計、構築、運用までを一貫して担当します。

ハードウェアメーカーやソフトウェアメーカーなどと協議してシステム開発やプロジェクトの全体統括を行います。

主な職種はサポートエンジニア、システムエンジニアなどがあります。

ハードウェアメーカー

パソコンやスマートフォンなどの一般消費者向けの製品から、サーバーといった法人向け製品まで幅広く該当します。

国内外問わずに競争が激化している分野のひとつです。

https://shukatsu2017.com/it-carrier

ソフトウェアメーカー

IT業界のソフトウェアは大きく2つに分けられます。

  • 基本ソフトウェア:OS
  • アプリケーションソフトウェア

ソフトウェアメーカーはこれらを個別に提供することもあれば、組み合わせた製品を売り出すこともあります。

仕事の流れでいうと要件定義~運用保守まで幅広く携わります。

開発・テスト請負企業

システムの開発や環境テストを請け負うのが仕事になります。

このため開発フェーズだけに関係する企業です。

仕事先に常駐してプログラミング作業を行うこともあり、高い専門性や開発力が求められます。

Webサービス企業

ECサイトやソーシャルメディアの運営、アプリ開発などを行います。

また、これらのビジネスのためのインフラサービスを提供することもあります。

企画~運用保守までを一貫して自社で行うのが主流となります。

Webサービス企業では幅広いスキルが求められるため、主な職種もシステムエンジニアだけでなく、セキュリティエンジニアやデータサイエンティスト、Webデザイナーなど多種多様です。

情報システム子会社/情報システム部門

ITを本業としていない事業会社が自社の情報システムの構築や運用保守を担当する場合、情報システム部門を設置するか、子会社化した企業にて行います。

情報システム部門については人事異動により未経験者でも配属の可能性はあります。

情報システム子会社については、自社のノウハウを利用して親会社以外の顧客のIT部門を請け負うこともあります。

まとめ

今回はIT業界の職種と仕事の流れをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2021卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード【2021卒】(2020年8月更新)|就活研究所|note
※当noteは9/1より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト対策集を使う方法で...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系就活
理系days