ITエンジニアの35歳定年説ってほんと?キャリアパスをご紹介!

スポンサーリンク
理系就活

IT業界の定年って何歳なの…
将来のキャリアパスを知りたい…

就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はITエンジニアのキャリアパスをご紹介していきます。

スポンサーリンク

IT業界のキャリアパス

まずはIT業界での一般的なキャリパスをご紹介します。

最初はプログラマーとして入社することが多いですが、将来的には活躍する分野によって大きく2つに分けられます。

自分がプレイヤーになりたいのか、それともマネージャーになりたいのかは事前に考えておきましょう。

マネージャーになる場合

プログラマーの後はシステムエンジニア(SE)として経験を積みます。

ある程度のスキルを身に付けた後は、プロジェクトマネジメント(PM)やITコンサルタントに移ることが多いです。

将来的には、IT業界の上流工程やチームを率いるマネジメント分野での仕事を担当します。

専門性を伸ばす

一方、エンジニアとしての専門性を伸ばすキャリアもあります。

  • データーベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • ネットワークエンジニア

深い専門性を持つことができれば、各分野のスペシャリストになることもできます。

https://shukatsu2017.com/it-syokusyu

企業によって業務範囲は異なる

SEとPMの境界があいまいな場合や、ITコンサルタントがSEの工程を担当する場合もあります。

企業や業態によって仕事の名称や業務範囲が違うことも珍しくありません。

入社する前には職種に応じた業務内容の違いも確認しておきましょう。

ITエンジニアの定年35歳説とは

ITエンジニアの定年は35歳らしい…こんな話を聞いたこともあるのではないでしょうか。

実際には35歳で定年ということは考えにくく、バリバリ仕事を進める年代になります。

ここからはITエンジニアが定年35歳と言われている理由を2つご紹介します。

体力的に厳しくなるから

IT業界で働いていると長時間のデスクワークやパソコン作業が続くことが多々あります。

35歳を過ぎると体力の衰えも出てくるので、長時間労働が厳しくなるのではないでしょうか。

これがIT業界35歳定年説の1つ目の理由です。

新技術を学ぶ意欲が減るから

2つ目の理由は年を取るとともに学習意欲が落ちる人が多いからです。

IT分野では新技術を常に学び続けることが求められます。

  • プログラミングスキル
  • 専門分野の読書

自ら学習できる人だけがITエンジニアとして活躍し続けることができます。

ですが、年を取ると新しいことに挑戦する意欲が減り、動きが遅くなる人も多くなります。

これが2つ目の理由になります。

ITの35歳定年説は努力次第で何ともなる

ITエンジニアの定年35歳説の理由を2つご紹介しました。

結局のところ、多くの人に当てはまる傾向があるに過ぎません。

最終的には、自分の努力次第ではカバーできる問題といえます。

まとめ

今回はITエンジニアのキャリアパスをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2021卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード【2021卒】(2020年8月更新)|就活研究所|note
※当noteは9/1より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト対策集を使う方法で...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系就活
理系days