理系学生生活

大学院生を辞める理由と手続き方法:中退後に後悔しないように

大学院を退学しても大丈夫かな…
中退後に後悔しない方法を知りたい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は大学院中退を悩んでいる方向けに退学届を出す前に考えて欲しいことをご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

大学院を中退する2つの理由

まずは大学院の中退を考える大きな理由を2つご説明します。

研究がつまらない

大学の研究は想像以上に地味で単純作業が多いです。

すぐに研究結果が出ることはなく、研究準備だけでも膨大な時間が必要になります。

新規テーマを担当すると装置の立ち上げから行うため、データを取るまでにも数ヶ月かかることも多々あります。

研究に対して華やかイメージを持っていると、泥臭くて地味な作業ばかりでつまらないと感じるかもしれません。

研究が楽しくないし…大学院の研究室がつまらない…
研究室に行きたくない...研究が面白くないな...理系学生の中にはこんな悩みがあるのではないでしょうか。正直なところ研究活動には向き不向きがあります。ただ、自分の性格は知っていても、実際にやってみないと合っているかなんて分からないと思います

研究室教授との人間関係が悪い

人間関係がうまくいかないことも中退の原因にはなり得ます。

研究室は教授を社長とする中小企業のような組織です。

その他のメンバーも准教授、ポスドク、博士学生、修士学生、学部生の順に年功序列になるのが基本です。

小さい組織で人間関係が濃くなるからこそ、教授との相性が大切になります。

https://shukatsu2017.com/kyouzyu

退学の決断前に考えて欲しいこと

せっかく大学院まで進学したのに退学を決断するというのは相応の理由があるかと思います。

ですが、一度退学したら後戻りはできないので慎重に考える必要があります。

ここでは退学の決断前に考えて欲しいことを3つご紹介します。

理想と現実のギャップを書き出す

自分が持っている『理想』と実際にやり始めて感じた『現実』とのギャップが大きいと、このままでいいのかな…と悩む可能性が高くなります。

たとえば、研究室がつまらない…と感じる学生にはこんな理想と現実のギャップがあります。

  • 理想:すぐに研究成果が出る
  • 現実:泥臭くて地味な作業が続く

まずは、自分が悩んでいる状況を把握するためにも『理想』と『現実』を書き出す作業をしてみてください。

https://shukatsu2017.com/daigakuin-sotsugyo

ギャップを埋める方法を検討する

『理想』と『現実』のギャップが大きいほど悩みも深くなるので、ギャップを埋めることが大切です。

実際にやり始めて感じた『現実』を『理想』にどれだけ近づけられるかがポイントです。

やり方は色々ありますが、単純明快なのは現実を受け入れることです。

たとえば、研究がつまらない…と感じるときには、『研究の性質として泥臭くて地味な作業は当たり前。大学の研究だけではなく、企業での研究も同様。将来研究職に就く前に研究の性質を理解できてよかった。』と思考をめぐらすことができればギャップも埋まります。

休学してみる

大学院を辞める前に休学するのも有効な選択肢といえます。

研究に集中する環境から一時的に離れると考え方が変わるかもしれません。

大学院を中退するときの手続き方法

中退する前に考えて欲しいことを実践した後でも考えが変わらなければ、退学するのも止むを得ないです。

実際の手続き方法をご紹介します。

退学後の進路を決める

大学院退学後の進路を決めてから退学した方が良いです。

何も決めずに中退してしまうと、目標もなくダラダラと過ごしてしまいがちです。

大学院を辞めた後に就職を希望するのであれば、内定を取ってから退学する手続きを進めて下さい。

就職以外には他学部や他大学に進学する進路があります。

もし現時点で退学後の進路が決まっていないのであれば、まずは休学届を出して様子を見るのもおすすめです。

学生課に行き退学届をもらう

退学後の進路が決まったら学生課に行って退学届をもらってください。

具体的な手続き方法は学生課の担当者から聞くのが間違いないはずです。

指導教員から退学届のサインをもらう

退学届には指導教員からのサインが必要になるので教授に依頼してください。

書類にサインをもらうときに退学の意思、今後の進路を伝えれば問題ありません。

学生課に退学届を提出する

指導教員からサインをもらえれば残りの必要書類を準備してください。

大体は自分で用意できるので苦労しないと思います。

必要書類をまとめて退学届を大学院に提出すれば、手続き完了です。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は大学院の中退に関する情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ESとAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

理系days