インターンの面接で他社選考状況を聞かれたときの答え方とは?
スポンサーリンク

インターンの面接で他社選考状況を聞かれたときの答え方とは?

差し支えなければ他社の選考状況を教えて頂けますでしょうか。

インターン面接での頻出質問です。皆さんは聞かれたときにはどのように答えますか。

  • 都合の良い選考だけ答える
  • 全て正直に答える
  • ウソの内容で答える

など色々な方法がありそうですね。

今回は就活での経験を基に「面接で他社選考状況を聞かれたときの答え方」をご紹介します。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

インターン面接で他社選考状況を聞く理由とは

企業の面接では「なぜ他社の選考状況を聞くのでしょうか」。理由としては以下の3つを検証したいと思います。

  • 就活生の志望軸どこにあるのか
  • 内定辞退されないか
  • 就活生が優秀かどうか

就活生の軸がどこにあるか

就活で選考を受けている他企業の業界が「銀行」「メーカー」「IT」「商社」などバラバラであったらどう思いますか。

「本当にこの業界に興味あるのかな」と面接官は判断するのではないでしょうか。

他社の選考状況を通して「就活生の志望軸」を聞くことで、就活生の本気度を判断することが目的の1つ目です。

参考 就活で重要な企業選びの軸とは?給料・勤務地・転勤!?厳選5例!

内定辞退されないかどうか

自社よりも「高給取り」「ネームバリューがある」「人気度高い」という企業の選考を受けていると聞けば、

内定辞退されないかどうかと面接官は不安に思うはず。

格上企業の選考を受けているだけでなく、内定を持っていたとしたら、内定辞退される確率は高くなると判断されます。

就活生が優秀かどうか

就活生が他企業からも求められるような優秀な人物かどうかを判断するために利用することが3つ目の目的です。

例えば、「他企業がすべて1次面接不通過」という就活生が面接を受けに来たとします。

面接官は「書類は問題ないけど、実際に話をしたら何か問題があったのかな」という先入観を持ってしまうはずです。

優秀すぎて格上企業の内定を持っていると内定辞退を疑われるし、他社選考がボロボロだと面接力を疑われてしまうので、他社の選考状況を伝えるときには注意してください。

おすすめの答え方

これまで他社の選考状況を伝えると、面接官が就活生をどのように判断するのか検証しました。

ここからは実際の面接での上手な解答の仕方をご紹介します!ポイントは「全ての選考状況ではなく都合の良い箇所だけを答える」です。

面接不合格ではなく結果待ちと回答する

他企業の選考状況で「面接不合格」と聞いてしまうと、

  • 他社は何で不合格にしたのか
  • 実は就活生に欠点があるのではないか

といった疑問を持たれてしまいます。

そんな時におすすめの方法が「面接不合格ではなく結果待ち」と答える方法です。

自分自身の評価を下げることなく、面接を進めることができると思います。

解答内容を事前に作りウソをつく

内定のためならウソもやむを得ない

と考える就活生もいるはずです。面接で自信を持って回答するためには、面接前に話す内容を決めることが重要です。

ただ企業の面接を通して内容の正誤がとれるように注意してください。1次面接と2次面接での回答内容が違うとなってしまうと、評価は落ちてしまいますよ。

面接中に回答した内容については、必ず面接後にメモを取るようにしましょう!

参考 面接前に「本音」or「嘘」は決めておくべき理由

まとめ

今回はインターン面接で「他社の選考状況を聞かれたとき」の上手な答え方を紹介しました。インターンだけでなく本選考でもよく聞かれる頻出質問なので、是非参考にしてください。

参考 就活の面接は事前準備で80%決まる

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る