インターン

インターン日程がかぶったら応募?わからないのは重複エントリー?

インターンの日程被りは応募でいいの…
学会とインターンの日程がかぶるかもしれない…

インターンの重複エントリーはありかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はインターン日程がかぶりそうなときに応募するべきかをご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

インターンの日程がかぶるとは?

インターンが盛んに行われる時期は2つあります。

  • 夏インターン:7月-9月
  • 冬インターン:12月-2月

この2つの時期は多くの企業がインターンを実施します。

「気になる企業のインターンの募集情報を調べていたら実施時期が被っていた…」ということもあるはずです。

また、スケジュール情報は出ていないけど日程が重なる可能性も十分あります。

インターンかぶりは気にせずに応募する

結論から言いますと、インターン日程のかぶりは気にせず応募してOKです。

以下、理由になります。

  • 辞退のデメリットはなし
  • 参加後に志望企業が変わるかもしれない
  • 全ての選考に受かる可能性は低い

インターン辞退のデメリットはない

就活生にとってインターンに参加できるかどうかは内定獲得のための重要なステップです。

  • ES免除
  • 早期選考
  • インターン生同士のコミュニティ

など、インターンに参加すると優遇されることがたくさんあります。

一方、インターン辞退のデメリットはないので積極的に応募するべきです。

インターンの裏選考・裏ルートってあるの?
インターンに行くと裏選考に案内されるの...裏ルートって実際あるのかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はインターン参加後の裏ルートに関する情報をご紹介します。インターンの裏選考・裏ルートってあるの?結論から言いますと

インターン参加後に志望企業が変わることがある

夏インターンは8月、冬インターンは2月なので、就活本番まで時間的余裕があります。

インターン参加企業に就職することもありますが、多くの学生はインターンに不参加の企業に就職します。

説明会やOB訪問といった企業研究を進めると、志望業界・志望企業が変わることがよくあります。

インターンの時点では、興味のある企業にとりあえず応募してみるという心構えでOKです。

夏・冬のインターンの違いとは?時期・内容・内定直結率を解説!
...

インターン選考に全て受かる可能性は低い

インターン選考の倍率が就活本番よりも高倍率という企業もあります。

というのも、インターンは限られた人数を参加対象にしているからです。

就活本番での採用予定人数100人の企業が、インターンでは10人しか募集しないといった感じです。

複数の企業にインターンを応募したとしても、全ての選考に合格する可能性は低いと考えられるので、日程がかぶったとしても気にせずに応募してください。

SPI専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はインターンで日程がかぶったときの情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days