JR東海 インターンシップ【ES・面接】対策
スポンサーリンク

JR東海 インターンシップ【ES・面接】対策

JR東海 インターン

JR東海のインターンシップの選考情報を知りたいな。
インターンシップの倍率はどれくらいなのかな。

インターンを受ける学生の中はこんな情報が気になるのではないでしょうか。

今回は2018卒の就活生に寄稿してもらった「JR東海インターンシップ」を基に、選考内容や選考倍率をご紹介します。

選考フローは「ES提出」⇒「面接」⇒「インターンシップ参加決定」です。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

募集要項

職種は「運輸」、「車両機械」、「施設」、「電気システム」、「事務」の5系統です。

 Webテスト

インターンシップではWebテストはありませんでした。

 ES設問

①:研究・ゼミ(教授名・研究テーマ)等の内容、或いは大学で学んでいることについて簡潔に入力してください。(200文字以内)

②インターンシップに応募した動機、コースの選択理由について入力してください。(300文字以内)

③:学生時代に最も打ち込んだこと、現在打ち込んでいることなど、自由に自己PRを入力してください。(600文字以内)

 ES対策

①:大学・大学院の研究内容をわかりやすく表現することが重要です。

②:志望動機です。「会社のホームページを見て〇〇が気になった」「過去の経験からJR東海と接点があり興味が出た」などが一例です。

③学生時代頑張ったこと。インターン選考で600字は相当ボリュームがあります。

いろいろ経験した学生は複数の内容を書きがちですが、1つの内容を掘り下げて記入しましょう。

①~③すべてに当てはまりますが、ESは面接の事前情報になることを忘れないで下さい。面接官はESの内容を見て面接時の質問を考えていますよ。

ESの合否について

メールできました。

面接前

  • 日程は3日間
  • 時間は1枠20分
  • 東京、名古屋、大阪の3会場での実施

面接

  • 中堅クラスの社員1人+若手社員1人:学生1人
  • 時間は20分
  • 場所は会議室

質問

  • なんでJR東海を志望したのですか。
  • 大学の研究内容を初心者にもわかりやすいように説明してください。
  • 大学時代に頑張ったことを教えてください
  • 今までリーダーとしての経験は何かありますか。
  • インターンシップで取り組みたいことはありますか。
  • JR東海にどのようなイメージをもっていますか。
  • 何か聞きたいことはありますか。

対策

1~3は基本的な質問事項です。事前に回答内容を考えておきましょう。

4は想定外の質問でした。

この質問からもJR東海の求める人物像は「リーダーシップ」です。学生時代頑張ったことは、ESの内容に加えて2~3個程用意しておくと安心できます。

5は志望動機を掘り下げた質問です。インターンシップ用のホームページを見て、どのようなプログラムが行われるかを事前にチェックしてください。

6は正解がない質問です。「答え+理由」を明確にして論理立てて伝えることが大切です。

7は逆質問です。インターンの面接でも逆質問は問われることが多いので、前もって2個ほど準備しておきましょう。

一言

JR東海のインターンシップには全国から優秀な学生がたくさん参加します。

非常に充実した内容なので、興味のある学生は是非参加してみてください。

インターン参加のメリットは「選考時期が早い」「必ずリクルーターがつく」ことです。

鉄道業界の志望者必見!完成度の高いESを無料配布中!

「鉄道業界に入りたい」
「JR・私鉄の違いを知りたい」

難関な鉄道業界を志望する就活生にぴったりな「就活ツール」があるって知っていますか。

「JR東海」「JR東日本」「東京メトロ」といった超優良企業を目指す就活生は必見です。

ライバル企業の情報収集をすることも大切ですよ。
ESや面接において「なぜ、〇〇会社ではなく当社なのか?」といった志望動機の完成度を高められます!

中身はこちら!

  • そもそもどんな業界なのか
  • 各社の決算の推移
  • 業界をよく知るためのトピックス
  • ESや面接対策のコツ
  • 各社の得意分野

就活生に役立つ情報が盛りだくさんです。
登録はもちろん無料で、登録時間も1分程度。

タダで使えるのに、利用しないなんて絶対に損です!

超人気企業 約1,000社のES・選考体験談をタダでみるには?

学生が優良企業から内定をもらうには事前準備が大切です。

とくに、「志望企業の選考情報」は知っているかどうかで差がつくポイント。

  • インターン枠の有無
  • Webテストの種類
  • 面接の回数
  • 内定者の回答例

企業別の選考情報をラクに入手する方法があるって知っていますか。

「Unistyle」に登録すると、超人気企業 約1,000社のES・選考体験談をタダで閲覧できます!

登録はもちろん無料。月間60万人が利用する就活サービスなので、使わない学生は情報量で負けてしまいますよ!

まとめ

  • 面接は非常に高倍率
  • ESに沿った質問をメインにして掘り下げた質問が多い
  • 求められる人物像はリーダーシップ
スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る