院試の服装:大学院入試の面接ではスーツと私服どちらがいいのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
院試

院試の服装って何を着たらいいの?
筆記試験と面接試験はスーツを着るべき?

多くの学生は院試を受けるときの服装について、疑問を持っているのではないでしょうか。

今回は、私が院試を受験した経験を基に、大学院入試で着るべき服装について紹介します。

スポンサーリンク

大学院入試の服装はスーツ or 私服?

院試受験生にとって試験当日の服装は『スーツ』or『服装』のどちらかだと思います。

まずは院試当日に何を着るべきかの情報を集めます。

インターネットで調べるのもよいですが、過去に院試を受けた先輩に聞いてみるのがおすすめです。

学部と同じ大学院に進学するかどうかで先輩への聞きやすさは変わるはずなので、以下2パターンをご紹介します。

同じ大学なら研究室の先輩に聞く

学部と同じ大学院に進学する場合は、早速研究室の先輩に聞いてみましょう。

筆記試験と面接試験について、スーツと私服のどちらで行くべきか相談してみてください。

院試当日はスーツと私服のどちらが多かったかも聞いてみましょう。

院試推薦は外部・内部・他大で差がつくの?いつ発表されるかも解説!
...

別大学なら研究室訪問時に聞く

学部と異なる大学院に進学する場合は、コネが無いので情報を集めづらいですよね。

そんな時は研究室訪問の機会を有効活用しましょう。

可能な限り研究室見学には参加して有益な情報を集めてください。

もし研究室見学を行っていなかったとしても、志望する研究室の教授にメールで直接アポを取ることができれば、個別に対応してくれるはずです。

外部からの学生を積極的に受け入れくれる研究室って意外に多いと思いますよ。

参考 大学院研究室訪問/見学での質問例とは?服装・時期・持ち物も紹介!

都合が悪くて研究室訪問に行けなかった…という学生は、大学院入試の窓口や事務局に問い合わせてみるのも有効な手段です。

『例年、院試ではスーツと私服の学生はどちらが多いですか』と聞けば、試験当日の雰囲気も分かると思います。

ここからは、私の院試受験の経験を基に「筆記試験」「面接試験」の服装についてご紹介していきます。

院試の筆記試験は私服でもOK

筆記試験ではスーツ着用の学生もいましたが、大多数は私服で受験していました。

テストの点数に応じて筆記試験の合否は決まります。

周りがスーツを着ているのに自分だけ私服だったらどうしよう…と心配になって、平常心で試験を受けられないという学生は、スーツを着るべきですが、基本的には私服でOKです。

また、筆記試験の会場は大学の講義室で行われることが多いです。

冷房の効き具合によっては暑く感じたり、寒く感じることもあります。このため、自分で温度調整しやすい私服で受験することがおすすめです。

7月~8月の真夏にスーツを着ていたら、行き帰りだけでも汗だくになってしまいます。

面接試験での服装はスーツ

結論からまとめますと、面接試験の時は必ずスーツを着ていきましょう。

私が院試を受けたときにも、周りの受験生は全員がスーツを着ていました。

面接官である大学教授がスーツを着ているのだから、学生もスーツを着ることは当然ですね。

ただ、スーツに関してはリクルートスーツでなくても問題ありません。既に持っている適切なスーツを着ていけば大丈夫です。

大学院入試の面接用のカバンについて

受験票や試験問題を入れるカバンについては、普段使用しているバックで問題ないと思います。

私も院試受験時にはビジネスバックを持ってなかったので、リュックで面接を受けていました。

参考 院試の面接対策とは?面接時間・事前準備・服装のポイントを紹介!

まとめ

今回は院試を受けるときの服装についてご紹介しました。いかがだったでしょうか。

まずは、過去に院試を受験した先輩に当日の様子を聞いてみてください。きっと役に立つ情報がもらえるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
院試
理系days