院試願書の証明写真はスーツor私服?受験票はネクタイ必要?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
院試

大学院願書の証明写真はスーツかな…
写真はどこで撮ればいいかな…

学生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は院試受験票の証明写真に関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

院試受験票の服装はスーツ一択

結論から言いますと、証明写真の服装はスーツがおすすめです

実際にはスーツでも私服でも問題はありませんが、受験票は試験中に机の上に出します。

自分の証明写真だけ私服だったら嫌だな…と無駄な心配を減らすためにもスーツが無難です。

院試の服装:大学院入試の面接ではスーツと私服どちらがいいの?
院試の服装って何を着たらいいの...筆記試験と面接試験はスーツを着るべき...院試を受けるときの服装について疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。今回は大学院試験の服装についてご紹介します。大学院入試の服装はスーツ or 私服?院試

ネクタイは付けた方が好ましい

私服での証明写真もOKなのでネクタイは付けなくても問題ありません。

ただ、証明写真は一度撮っておけば他の機会にも利用できます。

大学院生であれば修士1年の夏からはインターンに参加するので、履歴書やESに顔写真付きの証明写真を添付します。

そのときに院試で使った証明写真を流用できれば助かりますよね。

就活の証明写真はスーツ+ネクタイ着用が必要なので、院試受験のタイミングでも同じ服装で撮るのがおすすめです。

証明写真はどこで撮ればいいの?

証明写真を撮る方法は以下の3つが一般的です。

  • 証明写真機:800円
  • 写真館:2,000円
  • スマホ:0円

それぞれ特徴をご説明します。

証明写真機

証明写真機はコンビニや駅に設置してあります。

メリットは予約不要ですぐに撮れること。ただし、シート1枚には写真が6枚程度しか付いていません。

写真の解像度はあまり高くありませんが、院試用としては使用するなら問題ありません。

写真館

写真館での撮影は初期費用は2,000円と高いですが、写真データをもらうことができます。

JPEGデータを持っていれば、証明写真をコンビニでプリントアウト可能です。

少し先を見据えて就活でも使う予定なら、写りがキレイになる写真館で撮るのがおすすめです。

肌の血色を良くしたり、シミを消してくれる等といった追加オプションもあります。

スマホで撮る

どうしてもお金をかけたくないという人は、スマホで撮るのもありです。

最新版のiPhoneなら高画質の写真を撮れますよ。

まとめ

今回は院試で必要な証明写真に関する情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

学生の間にやっておくべきこと

最後に学生のうちにやっておくべきことを2つご紹介します。

医療脱毛

脱毛というと女性のイメージがあるかもしれませんが、最近は美容意識の高まりで男性からのニーズも高くなっています。

学生の間から脱毛を始めるメリットはこちらです。

  • 学割20%OFFが適用
  • 若いうちに脱毛効果を得られる

毛深いのが悩みで20代を楽しめない...そんな状態は正直、もったいないです。

ぜひ、学生の特権をフルに活用してみてください。

>> メンズ脱毛ならメンズリゼクリニック

>> 全身脱毛なら【リゼクリニック】

お金に関する知識の習得

新入社員の頃からもしっかり貯金できるように、学生のうちからお金に関する知識を身に付けておきましょう。

お金周りの知識を学ぶ際に、効率が良いのは人から直接教えてもらう方法です。

例えば、1人のテスト勉強では全然分からなかったけれど、友達や先生に聞いたらすぐに理解できたという経験はあると思います。

今回もそれと同じですが、お金に関する話はタブーという風潮があるのも現実です。

  • フラットにお金周りの知識を身に付けたい
  • お金に執着していると思われたくない
  • 金儲けのことを考えていると思われたくない

そういった方におすすめなのが無料で学べる「お金の教養講座 」です。

プロのFPが開催する初心者向けの勉強会なので、安心して知識を身に付けられるはずです。

タダで参加できるのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
院試
理系days