院試の面接対策とは?面接時間・事前準備・服装のポイントを紹介!
スポンサーリンク

院試の面接対策とは?面接時間・事前準備・服装のポイントを紹介!

理系大学院入試の面接って何がきかれるの?
面接時の時間やよく聞かれることは何だろう?

院試受験生の中には、このような疑問を持っている人が多くいると思います。大学入試とはちがって、院試情報ってネット上に少ないですよね。

今回は、実際に私が院試面接を受験した経験を活かして、これから院試面接を受ける人向けに必要な情報をご紹介します。

特に、面接時間・事前準備いったネット上に情報が少ないにもかかわらず、受験生が気になることを中心に説明していきます。

参考 院試での志望動機や志望理由の書き方:対策方法・具体例・テンプレを紹介

スポンサーリンク

面接試験(口頭試験、口頭試問)の位置づけ

大学院入試を受ける前には、全体の流れを理解しておくことが大切です。

  • 願書申し込み
  • 筆記試験
  • 面接試験

一般的な院試のスケジュールはこんな感じです。面接試験の呼び方は「口頭試験」「口頭試問」など色々ありますが、中身は全く同じです。

筆記試験は期日までに願書申し込みさえすれば、だれでも受けられますが、面接試験は大学院によって受験資格が異なります。

ここからは、面接試験の受験に関するパターンを2つ紹介します。

筆記試験と面接試験を同時に実施の場合

筆記試験と面接試験を同時に受ける大学院では、すべての受験生に面接の受験資格が与えられます。

筆記試験を午前中に、面接試験を午後に受けることもあれば、1日目と2日目に各試験を分けることもあります。

学部と異なる大学院を受ける学生にとっては、2つの試験を同時に受けられるので、交通費の節約になりますね。

こちらのタイプについて、大学院合否は「筆記+面接の総合得点」で判断されます。

筆記試験の約1週間後に面接試験を実施の場合

筆記試験と面接試験を同日に実施することもあれば、筆記試験の1週間後に面接をおこなう大学院もあります。

このような院試では、筆記試験合格者だけが面接試験を受けることができます。

筆記試験が終わった後に、大学の教授陣が採点を行う必要があるため、面接は1週間後に行います。

遠方から受験に来られる学生にとっては、2回分の交通費がかかってしまうので負担になってしまいますね。

面接を受ける学生は既に筆記試験での合格点を取っているため、大学院合否は面接試験でのみ判断されます。

面接の時間はどれくらい?

「院試での面接ってどのくらい行うのか」って気になりますよね。

私が受けたときの話をすると、面接試験の時間は20分でした!面接官3人に対して、院試受験生が1人受け答えをする形式です。

面接官といっても、大学教授が担当するので心配はいりません。自分の研究室の教授が担当する可能性も十分あります。

講義を受けたことがあるなど、関わりがある教授だとリラックスして受けられそうですね。

参考 院試の筆記・面接での服装はスーツと私服どちらで行くべきか?

頻出質問への事前準備が面接の合否をわけます!

ここからは、私が実際に院試面接を受けてみて重要だと思ったことを3つ紹介します。面接受験前に知っておくだけで、試験当日に「もっと対策しておけばよかったな」と後悔することもなくなるはずです。

卒業研究の概要をまとめる

まず、全ての院試受験生に取り組んでほしいことが「自分が取り組むor 取り組む予定の卒業研究内容をまとめること」です。

院試を受ける時期には、卒業研究が本格的にはじまっていないこともありますが、面接では必ず聞かれることなので、十分に対策しておきましょう。

研究室に毎年受け継がれている既存のテーマを引き継いだ学生は、昨年度に院試を受けた先輩に内容を聞いてみてはいかがでしょうか。

一方で卒業研究で新規テーマに取り組む予定の学生は、「研究背景」「研究プラン」を入念に調査しておきましょう。

この時期に「研究背景」をまとめておけば、卒業研究の時にもきっと役に立つはずです。

参考 院試での志望動機や志望理由の書き方:対策方法・具体例・テンプレを紹介

大学院入学後に取り組みたいこと

つぎによく聞かれる質問は「大学院進学後にどのような研究に取り組みたいか」です。

  • 大学院で専攻を変える学生
  • 大学院で研究室を変える学生
  • 大学院と学部が異なる学生

卒業研究の研究室と異なる研究室に進学予定の学生に対しては、必ず聞かれる質問なので事前に回答を考えておきましょう。

逆に、学部と同じ研究室で大学院に進学する際には、「卒業研究の成果をさらに発展させた研究に取り組みたい」といった理由を答えれば、良さそうですね。

筆記試験の手応え

雑談的な質問でよく聞かれることが「筆記試験の出来はどうでしたか」ということ。

この質問に関しては、回答内容に応じて差がつくことも考えにくいので、ご自分の好きなように答えれば大丈夫です。

まとめ

今回は院試の面接対策の方法をご紹介しました。大学入学後には、面接を受ける機会があまりないので、具体的な準備について知らない学生も多いのではないでしょうか。

事前情報として知っておくだけで、きっと院試の合格率も高くなるはずです!

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る