院試合格通知が届かない?普通郵便がいつ届くかを確認する方法とは?

スポンサーリンク
院試

院試の合格通知が届かない…
いつまで待てばいいのかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は院試合格後の通知書が届くタイミングをご紹介します。

スポンサーリンク

院試合格通知書はいつ届くの?

院試合格後の通知書が届くタイミングは募集要項に書かれています。

多くの大学では、合格発表の約1週間後に郵送する旨の記載があるはずです。

また、院試スケジュールではWebでの合格発表後に合格通知書は届きます。

合否結果は出ているので直ぐに来なくても大丈夫ですが、手続き関係の書類が同封されているため必ず受け取るようにしてください。

院試不合格では通知がくるのか

院試不合格の場合、通知があるかどうかも募集要項を確認してください。

郵送で不合格通知が送られる大学もあれば、通知書が届かない大学もあります。

依頼すれば点数開示も可能なので大学に問い合わせしてみて下さい。

院試(大学院)に落ちたらどうする?就活(就職)・院浪・留年?
...

合格通知書が自宅に送られてこないとき

合格通知書がなかなか届かない…そんなときの対応方法を3つご紹介します。

合格発表後の2週間は待つ

募集要項に記載されているとおりですが、大学事務局では合格発表の数日以内には通知書を発送します。

郵便が遅れる可能性も考えて合格発表後2週間は待つようにしてください。

郵便追跡サービスを利用する

合格通知書の郵送方法は『普通郵便』『書留』の2つがあります。

普通郵便はポスト投函なので既にご紹介したように2週間を目途に待つようにしてください。

一方、書留で配送されるときには追跡サービスを利用できます。

合格通知書が現在どこにあるかを確認できるので問い合わせしてみて下さい。

大学事務局に問い合わせする

合格発表後2週間待っても届かないときには大学事務局への問い合わせが必要です

募集要項に記載されている連絡先に電話またはメールをすればつながります。

まとめ

今回は院試の合格通知が届かないときの対処法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
院試
理系days