就活対策!無駄なスクラップはしない、日経新聞の読み方・活用法は?
スポンサーリンク

就活対策!無駄なスクラップはしない、日経新聞の読み方・活用法は?

逆質問 日経新聞 読み方

「就活生なら日経新聞くらい読まないと!」
「逆質問を作るためにはどうしよう?」
「新聞記事って毎日スクラップするの?」
「どうやって読んだらいいの?活用法は?」
「毎月4000円の出費は多いな。」

就活における新聞の読み方・活用法に関する疑問は多いと思います。

今回は私の経験を踏まえて、逆質問対策のための日経新聞の読み方・活用法を教えます。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

就活で新聞は必要なのか?

私の経験上、就活において、新聞を読むことは必要不可欠です。

業界研究、企業研究、時事問題対策など、新聞からの情報は非常に使い勝手が良いです。

特に、面接最後に聞かれる逆質問を考える時に、重宝しました。

社会の流れを知ることは、就活対策だけでなく、社会人でも役立つので新聞を読むことを習慣にしておくことは重要です。

新聞については、企業に関する記事が豊富な日経新聞がベスト。

日経新聞を読む方法

証券会社に口座をつくるだけです。

証券口座は丸三証券がベストです。開設費用、維持・管理費用はもちろん無料です。

1.企業名による記事検索が可能

企業名を検索とすることで、その企業に関する日経新聞記事1年分が閲覧できます。

ES作成や面接の逆質問を効率的に作る際に、企業名による検索は非常に役立ちます。

会社案内やホームページを使った情報収集と比べると、圧倒的な情報量の多さです。

わたしは、日経新聞1年分のおかげで、逆質問のネタには困りませんでした。

※1年分しか閲覧できず、過去の記事は削除されてしまうので、興味のある記事は印刷しておきましょう。

2.場所を問わず、日経新聞が読める

新聞の場合、持ち運び・保管が非常にめんどくさいです。

しかし、この方法はweb上で閲覧するので、パソコンやスマホで見れます。

カフェや学校、自宅など、どこでも新聞を読めるので、時間の有効活用もできます。

私の経験では、保管・管理が非常に楽なことが最大のメリットです。

多くの就活生は、新聞記事をスクラップ管理していますが、膨大な時間がかかりますよね。

しかも、スクラップすることに満足してしまい、企業研究や逆質問作成に十分活かせていないと思います。

この方法では、重要記事は印刷して保管するだけなので非常に楽ですよ!

逆質問のための日経新聞の読み方・活用法

1. 企業名を検索して、過去1年分の記事を閲覧する
2. 興味のある仕事・事業に関係する記事を印刷する
3. 今後の将来性・実現する際の課題などを、逆質問で聞く

わたしは、この方法で逆質問を作っていました。他にも、日経新聞の朝刊が閲覧可能なので、社会の流れを理解するためにも使用できます。

まとめ

・就活で日経新聞は必要不可欠
・証券口座を開設しよう。
・紙の新聞と比較して、企業ごとの検索、ポータブル閲覧というメリットがある

丸三証券

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る