逆質問を作る重要なコツ:1次面接・2次面接・最終面接での違いの例を紹介!
スポンサーリンク

逆質問を作る重要なコツ:1次面接・2次面接・最終面接での違いの例を紹介!

逆質問 作り方 おすすめ

「逆質問の内容がない」
「逆質問の作り方がわからない」

就活の面接において、逆質問に関する疑問は多いと思います。本記事では、逆質問を作るときの重要なコツを、「1次面接」「2次面接」「最終面接」の事例を用いて紹介します。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

逆質問で一番重要なポイントは?

いきなりですが、逆質問をするときにどのようなことを心がけていますか?次の2つの例をみてください。

  • 20代の若手⇒「今後、〇〇という事業を展開する予定はありますか?」
  • 50代の役員⇒「××という現場の仕事の難しさはどこにありますか?」

これらの質問に対して、面接官は適切な回答を出すことができるのでしょうか。

面接官という立場上、何らかの答えは話します。しかし、内心は「将来の事業を聞かれてもよくわからない」、「最後に現場に出たのは何十年前だっけ?」と考え、適切な回答を引き出すことができなかった質問者の評価は下がります

つまり、面接官に合った逆質問ができない場合、質問者の印象はガタ落ちです。逆に面接官の年次を想定した逆質問をすることができれば、志望度や、熱意、頭の良さをアピールすることが可能です。

面接官の年次に相応しい逆質問をする

面接官の年次は「1次面接」「2次面接」「最終面接」ごとに、ある程度決まっています。

  • 1次面接:20~30代の課長クラス
  • 2次面接:30~50代の部長クラス
  • 最終面接:50~60代の役員クラス

各面接での面接官の年次を理解した上で、どのような内容の逆質問をすることが適切であるかを紹介します。

1次面接でのおすすめな逆質問

1次面接では、現場担当の若手社員や、課長クラスの社員が面接官を担当します。20~30代の若い年次の社員が多いことを想定して逆質問を作りましょう。

  • 現場で働いているときのやりがい
  • 具体的な仕事内容
  • 業務内容の違い
  • 職種の違い
  • 会社を選んだ理由

2次面接でのおすすめな逆質問

2次面接では、課長クラス、部長クラスの中堅社員が面接官を担当します。このクラスは社員層が厚いため、一言で「現場の担当」、「マネージメントの担当」と表現することは難しいです。

社会人歴を考えると、複数の事業・職種を経験していることが多いため、幅広い範囲の逆質問をすることが可能です。具体的には以下の4つの観点で逆質問を作ると良いです。

  • 会社の課題と対策
  • 入社後のキャリアステップ
  • 複数事業・職種の経験から得た強み
  • 今後の個人的な目標とやりたいこと

最終面接でのおすすめな逆質問

最終面接では、部長クラス、役員クラスが面接の担当です。面接官のほぼ全員がすでに現場を離れており、マネージメント業務に携わっています。会社を代表する立場であると同時に、愛社精神の強い社員が多いです。具体的な逆質問は以下の3つです。

  • 会社の一番の魅力
  • 入社後に活躍するために重要な能力
  • 役員クラスしか知らない数十年後の事業内容

「最終面接」の逆質問を作る観点は、「1次面接」「2次面接」と大きく異なりますので注意してください。それぞれをまとめました。

  • 1次面接、2次面接:わからないことを聞く、業務内容の理解
  • 最終面接:志望度のアピール、熱意のみ

最終面接の逆質問では、十分に熱意をアピールして内々定を勝ち取ってください。

まとめ

  • 逆質問を作るときには、面接官の年次を想定する
  • 1次面接では、現場の内容
  • 2次面接では、会社の内容
  • 最終面接では、志望度や熱意のアピール
スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る