就活情報

合説のキャンセル忘れ…無断欠席はやばい?メールするべきか?

合説のドタキャンしたんだけど…
キャンセル忘れの無断欠席はやばいかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は合説のキャンセル忘れについての情報をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

合説のキャンセル忘れやドタキャンは大丈夫?

結論から言いますと、合説のキャンセル忘れで無断欠席しても問題にはなりません。

理由は以下2つです。

  • 主催者はイベント会社だから
  • 人数が多すぎて確認できないから

主催者はイベント会社だから

合同説明会は以下のような就活イベント会社が主催で行われます。

  • リクナビ
  • マイナビ
  • キャリタス

学生の出席や欠席情報はイベント会社だけに通知されます。

このため、個別企業や採用担当には情報が伝わらないので、キャンセルしても採用への影響はありません。

就活の合説や企業説明会が終わってたら?行かなくてもよい2つの理由!
...

人数が多すぎて確認できないから

合同説明会は人数が多く、参加者をカウントできないのが実情です。

大規模なイベントでは椅子に座れないような学生もいるので、一人がキャンセルして不在でも気にならない程度です。

個別の会社説明会の欠席はNG

合説はキャンセルしても大丈夫ですが、個別の会社説明会の無断欠席はNGです。

というのも、学生の参加情報がそのまま人事に伝わるので、当然選考にも影響が出てきます。

また、数社しか参加していないイベントでの無断欠席も控えた方が良いです。

参加企業が少ない合説では、イベント会社と企業が繋がっていることあり、出欠情報が筒抜けになる可能性があるからです。

SPI専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は合同説明会のキャンセルや無断欠席情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days