卒論・修論の語尾:『です』『ます』は誤字で間違い?『である』?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
修論

卒論の語尾の書き方を知りたい…
ですます調は間違いなのかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は卒論修論の語尾に関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

卒論修論の語尾は『である』が正しい

結論から申し上げますと、卒論修論の語尾は『である』調でまとめるのが正解です。

論文を作成するときには、話し言葉ではなく書き言葉を選ぶようにしてください。

『だ』という表現もありますが、言い切りの語調になるので論文ではあまり使われません。

修論・卒論で『目次・章立て』ができない?構成、作り方を解説!
...

『です』『ます』は誤字で間違いなのか?

論文として文章をまとめるときには、『です』『ます』で書くのは誤りといえます。

また、『思う』という表現も論文執筆で使わないようにしましょう。

堅い表現になるかもしれませんが、論文作成の大切なルールなので覚えてください。

語尾表現を選ぶときのポイント

ここからは、論文執筆で役に立つ語尾の書き方を2つご紹介します。

  • 断定表現は複数使い分ける
  • 回りくどい表現はさける

断定表現を複数使い分けるのがおすすめ

『である』が正解だからといっても、同じ表現を連続で使うとまとまりのない文章になります。

論文を書くときには、『である』の他にも以下の表現を使い分けて重複を避けるのがおすすめです。

  • でなくてはならない
  • と考えられる
  • と推測される
  • ということになる
  • すべきである
  • のように述べている
  • と言われている

文末表現は同じ言葉の繰り返しにならないように、いくつかのパターンを持つようにしましょう。

回りくどい表現はさけること

論文を書くときに大切なのは回りくどい表現をさけることです。

文章は長いけれど、結局何を言いたいのか不明だったり、曖昧では論文としては良い評価は得られません。

断定表現を使用して言い切る形でまとめるようにしてください。

まとめ

今回は卒論修論の文末表現をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
修論
理系days