Webテスト

SPIWebテストは学歴フィルター?テストセンターは高学歴で足切り?

Webテストは学歴フィルターとして評価されるの…
高学歴でもWebテストはできないの…
適性検査では学歴も見られるのかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はWebテストの評価方法として学歴が影響するかをご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

Webテストは実質の高学歴フィルターで足切り?

Webテストで落とすという体裁

企業の中にはWebテストは建前で行い、実質は学歴フィルターで落とすこともあります。

高学歴の学生が適当な回答をしても、Webテストに通過したという話も聞きます。

学歴フィルターによる不合格では評判が悪くなってしまうので、Webテストで落とすという体裁を取っています。

出身大学で合格点のボーダーを変更

学生の出身大学で合格点のボーダーを変えることがあります。

高学歴は地頭も評価に含まれるため、ボーダーは低めに設定されます。

一方、低学歴の場合は、Webテストの出来が全てになるのででボーダーは高めに設定されます。

いずれの場合も、Webテストで落ちるのはもったいなので徹底的に準備してください。

学歴フィルターでWebテスト受験前に落とす?

Webテストの受験者を絞るために、学歴フィルターが使われることもあります。

企業がWebテストを導入するには相当な費用がかかるため、なるべき費用を抑えつつ、優秀な学生を獲得したいというのが本音になります。

そのような場合には、Webテストの前にESや履歴書選考を行い、Webテスト受験数の制限を行います。

面接官が膨大な数の書類を全部見るとは思えないので、機械的に学歴フィルターで判断するはずです。

テストセンター専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしでテストセンターに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はWebテストでの学歴フィルターの情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ES提出とAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

理系days