就活情報

【ガクチカ】100字/150字/200字/300字/400字/:例文とは?

ガクチカの例文を知りたい…
ガクチカはどれくらい書けばいいの…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はガクチカの文字数に関する情報をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

ガクチカの文字数と例文とは?

ガクチカで頻出の文字数は以下の通りです。

  • 400字
  • 300字
  • 200字
  • 150字
  • 100字

ガクチカ作成を進めるときには、テンプレートを準備して使い回しするのがおすすめです。

というのも、志望理由は企業によってアレンジしますが、ガクチカは同じ内容にすることで効率的に対策できるからです。

ここからは、ガクチカの作成のコツを文字数毎にご説明します。

ガクチカの1分は何文字?時間を超えない話し方とは?
ガクチカの話すスピードはどれくらい...何文字を書けばいいのかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はガクチカの話すスピードについてご説明します。ガクチカ1分の文字数とは?結論から言いますと、面接中の話すスピードは1分で

ガクチカ400文字のコツ

ガクチカで一番多いのが400文字のタイプです。

このため、就活では400文字のガクチカを最初に作成しましょう。

項目と分量はこちらを参考にしてみてください。

  • 結論:1割
  • 背景:2割
  • 役割と課題:2割
  • 取り組んだこと:3割
  • 結果と学び:2割

400文字のガクチカをテンプレートとし、文字数を減らすことで短いガクチカを作っていきます。

ガクチカ300文字のコツ

300文字のガクチカを作成するときには、テンプレートから『背景』『役割』を削るのがおすすめです。

というのも、ガクチカで重要なのは『結果と学び』だからです。

文章の論理が崩れないように、『背景』『役割』を減らすようにしましょう。

ガクチカ200文字のコツ

ガクチカ200文字を作るときには、下記の項目と分量を参考にしてみてください。

  • 結論:1文
  • 背景と役割と課題:2文
  • 取り組んだこと:1文
  • 結果と学び:1文

200字で構成をまとめる必要があるので、『背景と役割と課題』を2文で書くのが目安です。

『結論』『取り組んだこと』『結果と学び』については、1文で簡潔に記載するようにしましょう。

専門用語の補足文章を入れるスペースはないので、分かりにくい表現は避けるようにしてください。

ガクチカ150文字のコツ

ガクチカ150文字を作るときの構成は以下の通りです。

  • 結論:1文
  • 背景と役割と課題:1文
  • 取り組んだこと:1文
  • 結果と学び:1文

200文字をベースにして『背景と役割と課題』を1文で書くと上手くまとまります。

ガクチカ100文字のコツ

ガクチカ100文字の構成例をご紹介します。

  • 背景と役割と課題:1文
  • 取り組んだこと:1文
  • 結果と学び:1文

100文字でまとめるためには、冒頭の『結論』を削るのがおすすめです。

文章が短いので結論ファーストの重要度はそれほど高くはありません。

ガクチカを作るときのテクニック

ガクチカを作るときには、下記3つに注意することでわかりやすい文章を書けます。

  • 具体的な数字を入れる
  • 『である』『ですます』を統一
  • 強調したい箇所は【】『』で囲う

具体的な数字を入れることで、取り組んだ内容の規模感をイメージしやすくなります。

文字数を調整するときには、文末を『である』『ですます』に変更するテクニックが役に立ちます。

また、限られた文字数でまとめるには、【】『』を使うのがおすすめです。

文頭の結論を【】『』で囲うことで、読み手の目線を最初に集めることができます。

提出前のガクチカは声に出して読んでみる

提出前には必ず声に出して読むようにしてください。

音読することで以下のポイントを客観的に確認することができます。

  • 1文が長すぎないか
  • 誤字脱字がないか
  • わかりにくい表現はないか
  • 『てにをは』が間違っていないか

ガクチカの内容が良くても日本語表記が間違っているだけで、悪い印象になってしまうので注意してください。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はガクチカの文字数毎の作成方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ESとAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

理系days