院試(有機化学)対策の参考書・問題集【おすすめ8冊】と勉強法を紹介!
スポンサーリンク

院試(有機化学)対策の参考書・問題集【おすすめ8冊】と勉強法を紹介!

院試 有機化学 参考書 問題集

2019年(平成31年)入学向けの院試対策として、有機化学のおすすめ参考書と問題集を紹介します。

化学演習シリーズ、サイエンス社、マクマリーの本がおすすめです。

参考 院試前に!TOEICスコアの目安点数と有効期限、いつまでに受けるべきか?

スポンサーリンク

参考書・問題集のおすすめ4冊

有機化学演習

院試の有機化学対策でのおすすめは「有機化学演習」です。

この本には院試問題が多数掲載されているので、質・量ともに過不足なく勉強できるはずです。出版年がやや古く、解説は淡泊なので、初めて有機化学を学ぶ人には少し難しいかもしれません。

演習有機化学

2冊目はサイエンス社が出版している「演習有機化学」です。

この本は掲載されている問題数が多いので、頻出分野を強化するときには役立ちます。ただ、解答・解説の一部が間違っているので注意してください。

演習で学ぶ有機反応機構

この本は題名の通り、参考書というよりは演習書なのでひたすら問題を解きたい時におすすめです。

難易度は大学の定期試験レベルから、院試対策、さらにはそれ以上の難問まで幅広いバリエーションがあります。

この本の解説には反応機構の詳細まで記述してあるので、「なぜ?」という疑問を解消したい学生におすすめ。

有機化学演習ー基本から大学院入試まで

この本の特徴は、出版年が新しくレイアウトが見やすいこと。

解説も非常に充実しているので、有機化学が苦手な学生が最初に取り組むべき一冊としてもおすすめできます。

学部の定期試験から、院試対策まで幅広く使える参考書なので、買っておいて損はないはずです。

教科書としておすすめする3冊

マクマリーシリーズ

有機化学の教科書的な意味合いで、紹介するのが「マクマリーシリーズ」です。

上中下の3冊で1セットなのでかなりのボリュームになります。学部の講義で指定教科書とされることもあるくらいの名著です。

院試受験予定のみなさん、Amazon studentというサービスを知っていますか。

Amazon studentは、世界中で会員数が激増しているAmazon primeとほぼ同じサービスを学生価格で受けることができます。

  • Amazon prime:年会費3900円(税込)
  • Amazon student:年会費1900円(税込)

Prime会員と比較すると、Student会員の年会費は約半額です!

Amazon studentの会員特典とは?

会員特典は「Amazon muzsicで音楽を聞けること」「Kindleを特別価格で買えること」など、いろいろあります。

特に院試受験生におすすめのサービスが「全ての書籍が10%ポイント還元」「お急ぎ便とお届け日時指定便が使い放題」の2つ。

院試対策本を買うたびに購入価格の10%がポイント還元されます。

参考書・問題集の購入前にAmazon student 会員に登録しておくことがおすすめですよ。

また、筆者の場合、院試勉強のときには急に本を購入したいことがなんどもありました。

その都度、お急ぎ便(360円)を使っていたら結構な金額になっていたはずですが、Amazon studentのおかげで助かりました。

会員期間は?

Amazon studentは在学中に一度入会すると、卒業後も4年間は学生会員価格(年1900円)を適用できます。

学部4年生で会員登録をすると、社会人2年目まで学生会員を続けられます!

無料体験実施中!

「実際にどんな制度なのかを体験してもらう」ために、Amazon studentでは半年間の無料体験を実施しています。

無料体験の流れとしては、まず会員登録をしてもらって、その後の半年間はタダでAmazon studentの特典を利用できます。

半年経過以降も継続する場合は、その時点で年会費を支払います。

退会する場合はもちろん無料で手続き可能です。

会員登録するか悩んでいる学生は、無料体験を行ってから再度続けるかを決めても遅くないですよ。

学生だけの特権なのだから、使い倒しちゃってください!

Amazon student 半年間の無料体験実施中!

まとめ

今回は院試対策用の有機化学のおすすめ問題集と参考書を7冊紹介しました。本を選ぶときの参考にしてみてください。

参考 院試(無機化学)対策の参考書・問題集【おすすめ4冊】と勉強法を紹介!

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る